ページの先頭です

宮城県角田市 角田宇宙センター

人工衛星を大気圏外まで運ぶロケット。このロケットの心臓部となるエンジンの研究・開発を行っているのが角田宇宙センターです。角田宇宙推進技術研究所(旧航空宇宙技術研究所)と角田ロケット開発センター(旧宇宙開発事業団)が統合して一つになり、より密接に協力しながらロケットエンジンの信頼性向上に重要な役割を果たしていきます。
角田宇宙センターでは、大きく分けて2つの事業を行っています。
一つは、H-IIA等のロケットに搭載する液体ロケットエンジンの研究開発および試験です。現在、日本で唯一宇宙空間に近い環境下でフルパワーで燃焼試験ができる「高空燃焼試験設備」などを用いて試験を行っています。
もう一つは、将来の再使用型宇宙輸送システムへの適用を目指した再使用型ロケットエンジンや、大気中の飛行時には空気を利用するエアブリージング/複合エンジンの研究開発です。シミュレーション技術の高温衝撃風洞などを用いて研究を行っています。

所在地

〒981-1525 宮城県角田市君萱字小金沢1

電話

0224-68-3111

主要施設

  • 供給系総合試験設備
  • 高空燃焼試験設備
  • 高温衝撃風洞
  • 極低温インデューサ試験施設

PAGE TOP