ページの先頭です

沖縄県国頭郡 沖縄宇宙通信所

沖縄宇宙通信所は、1968年2月、旧科学技術庁宇宙開発推進本部の「沖縄電波追跡所」として発足、1969年10月、旧宇宙開発事業団の発足とともにその一施設となりました。
当通信所の主な業務は、人工衛星の追跡と管制です。打ち上げられた人工衛星からの電波を受信し、人工衛星の位置や姿勢、搭載している電子機器が正しく機能しているかどうかを知り、状況に応じて、人工衛星に対してコマンド(指令)電波を送信するなど、人工衛星を維持管理する役割を果たしています。

沖縄宇宙通信所パラボラアンテナ施設内には、直径18メートルと10メートルのパラボラアンテナを有する追跡管制局2式のほか、WINDビーコン局と、7.6メートルのパラボラアンテナ(レドーム付)を有する準天頂衛星追跡管制局2式も設置されています。

所在地

〒904-0402 沖縄県国頭郡恩納村字安富祖金良原1712

電話

098-967-8211(代表)

主要施設

  • 追跡管制棟
  • 沖縄第1可搬局
  • 沖縄第2可搬局
  • 準天頂衛星追跡管制局沖縄1
  • 準天頂衛星追跡管制局沖縄2

PAGE TOP