ページの先頭です

茨城県つくば市 筑波宇宙センター

筑波宇宙センターは筑波研究学園都市の一画にあり、1972(昭和47)年に開設しました。約53万平方メートルの敷地に、研究学園都市にふさわしい緑ゆたかな環境と最新の試験設備を備えた総合的な事業所です。
このセンターは、人工衛星やロケットなど将来の宇宙機の研究開発や開発試験、そして打ち上げた人工衛星を追跡管制するわが国のネットワークの拠点として重要な役割を担っています。さらに国際宇宙ステーション計画に向けた「きぼう」日本実験棟の開発や試験、宇宙飛行士の養成などを行っています。
筑波宇宙センター外観 現在こちらには、宇宙輸送ミッション本部、第一衛星利用本部、研究開発本部、有人宇宙ミッション本部、宇宙科学研究本部の一部があり、宇宙開発の最先端分野の研究・開発・試験を行い、日本の宇宙開発の中枢センターとして多彩な活動を行っています。

所在地

〒305-8505 茨城県つくば市千現2-1-1

電話

029-868-5000(管理部代表)

主要施設

13mΦスペースチャンバー(総合環境試験棟)

宇宙の真空および熱的環境における人工衛星の耐環境性を確認しています。

大型振動試験設備(総合環境試験棟)

人工衛星やロケットをシステムごと、またはいくつかに分けて振動試験を行います。

「きぼう」エンジニアリングモデルプロトフライトモデル組立試験設備(宇宙ステーション試験棟)

この設備では、「きぼう」日本実験棟が軌道上で実際に国際宇宙ステーションに組み付けられる前に、「きぼう」各部の機能試験や、各部を連結した全体システム試験、宇宙ステー ション本体とのインターフェース試験などを行います。

超高真空材料表面特性評価試験設備(研究開発棟)

超高真空への長期曝露による材料表面特性の劣化メカニズムの解明、微量ガス成分の影響評価、真空環境における固体潤滑剤等の摩耗特性評価等を行っています。

総合開発推進棟

IT化・地球環境配慮・交流をテーマにした本部機能を併せ持つ研究施設です。

筑波図書館

宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター 筑波図書室は、筑波宇宙センターにある宇宙分野の専門図書館です。
どなたでもご利用いただける図書室となっております。ご利用の際は事前にご連絡ください。

利用時間 月曜日~金曜日 9:30~17:45

PAGE TOP