ページの先頭です

グリーン契約(平成22年度グリーン契約締結実績)

平成22年度における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の締結実績の概要



宇宙航空研究開発機構
理事長

 国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律(平成19年法律第56号。以下「グリーン契約法」という。)第8条第1項の規定に基づき、平成22年度におけるグリーン契約法の取り組み概要を公表いたします。

1. 平成22年度の経緯
 

グリーン契約法に基づく「環境配慮契約法及び国及び独立行政法人等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する基本方針(平成19年12月7日閣議決定)以下「基本方針」という。」により、可能なものから契約を締結するとともに、平成22年度の具体的な方策を展開をしました。

2. 環境配慮契約の締結状況
 

基本方針で環境配慮契約の具体的な方法が定められているものの内、電力の調達については、電力供給事業者の温室効果ガス等の排出の程度を示す係数等を定めて落札者を決定する裾切り方式による契約締結件数は5件(契約量:9,503,772kWh)でした。また、自動車の購入、省エネルギー改修事業(ESCO事業)及び建築物の建築又は大規模な改修に係る設計業務の契約締結実績はありませんでした。

3.

その他の環境配慮契約に係る事項

 

  • グリーン契約を推進するための体制は、環境物品等の調達の推進に関する基本方針に基づき設置された、グリーン購入の体制を利用して実施しました。
  • グリーン契約の展開のため、担当者へ基本方針など内容の説明を行うと同時に契約業務に直接役立てるよう内部文書としてガイドライン等を作成し、運用しています。
  • OA機器再配置

OA機器の最適再配置に向けて調査結果を社内周知し、情報関連部署と検討を行いました。




PAGE TOP