ページの先頭です

グリーン購入(平成22年度グリーン購入実績)

平成22年度 環境物品等の調達の実績の概要



 国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(平成12年法律第100号。以下「グリーン購入法」という。)第8条第1項の規定に基づき、平成22年度におけるグリーン購入法の取り組み概要を公表いたします。

グリーン調達に関わる推進の概要
 JAXAは、平成22年4月に策定した「平成22年度JAXA調達方針」に基づき、グリーン購入を推進しました。

実績集計の概要
 平成22年度特定調達品目(物品・役務)調達実績は表(別表1 178KB)のとおりです。

1.

調達実績のあった特定調達品目148品目のうち、目標100%を達成した品目は146品目でした。調達目標100%に至らなかったものは2品目(電子計算機、ディスプレイ)ありました(表1 66KB)。要求に合致する仕様がなかったためで、リサイクル品を調達しました。

2.

上記の特定調達品目のうち、47品目で国の定める基準を上回る環境配慮物品を調達しました(表2 91KB)。

3.

公共工事の実績は、13品目で国の基本方針の判断の基準を満たすものを調達しました表3 74KB)。
なお、公共工事については調査段階であり目標を定めておりません。

4.

特定調達品目以外にJAXAの独自品目として2品目を定めました。
調達実績は、デジカメ等光学機器(一般市販品で鉛フリー等、従来品と比較し環境配慮されたもの)169個(うち高い水準を満たしたものが3個)、ラベルライター用カートリッジ1306個でした。いずれも調達目標の100%を達成しました。

その他グリーン購入に関わる推進の概要

1.

グリーン購入に関わる社内文書を制定し、以下に則った調達を行っていきました。


  • 物品等の調達量はできるだけ少なくするよう努めること。

  • 機器類等については、できる限り修理を行い、長期間の使用に努めること。

  • 不用となった物品の情報をイントラネットに掲載し、リユースを促進すること。

  • 環境ラベル等の情報を活用し、特定調達物品に留まらず、環境負荷の少ない物品を購入すること。

2.

JAXA公開webにグリーン購入関連情報を掲載し、契約事業者へのグリーン購入推進を働きかけていきました。

3.

事業者の選定にあたり、事業者自身の環境配慮への取り組み度合いを勘案する。大規模な工事契約においては、ISO14001等の環境マネジメントシステム導入事業者であることを入札条件としています。

4.

「エコプロダクツ2010」では、JAXAブースに約2,300人の来訪があり、地球観測衛星「いぶき」や「だいち」の成果など、JAXAの環境に関連する活動について多くの方に理解を深めていただきました。

5.

「チャレンジ25」に参画をしました。

PAGE TOP