ページの先頭です

S-310/S-520/SS-520(観測ロケット) トピックス

トピックス一覧

2017年1月15日 更新
SS-520 4号機実験結果について

SS-520 4号機実験結果について

平成29(2017)年1月15日(日)08時33分00秒、民生技術を用いてロケット・衛星の開発を行い、3㎏程度の超小型衛星の打上げの実証を行うことを目的としたSS-520 4号機実験を内之浦宇宙空間観測所において実施しました。

ロケットの第1段の飛行は正常に行われましたが、飛行中に機体からのテレメータが受信できなくなったため、第2段モータの点火を中止しました。なお、ロケットの追跡は正常に行われ、ロケットは内之浦南東海上の予定落下区域に落下したことを確認しました。

2017年1月13日 更新
SS-520-4号機打上げの日時再設定について

SS-520-4号機打上げの日時再設定について

延期になっておりました内之浦宇宙空間観測所からのSS-520 4号機の打ち上げを、2017年1月15日(日)8時33分~8時50分(日本標準時)に行うこととしましたので、お知らせします。
打ち上げ時刻は、8時33分を予定しております。

*SS-520-4号機は、JAXAの観測ロケット(SS-520)をベースに開発している小型ロケットです。

2017年1月11日 更新
SS-520-4号機打ち上げの延期について

SS-520-4号機打ち上げの延期について

内之浦宇宙空間観測所から1月11日(水)に予定していたSS-520-4号機の打ち上げは、天候が必要な条件を満たさなかったため、打ち上げを1月14日(土)以降に延期することとしました。新たな打ち上げ日時については、改めてお知らせいたします。

*SS-520-4号機は、JAXAの観測ロケット(SS-520)をベースに開発している小型ロケットです。

2016年12月8日 更新
SS-520-4号機実験、打ち上げへ

SS-520-4号機実験、打ち上げへ

JAXAは、民生技術を用いてロケット・衛星の開発を行い、3kg程度の超小型衛星の打ち上げの実証するSS-520-4号機実験を行います。

実験場所:内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝属郡肝付町)
打ち上げ予定日:2017年1月11日(水) 7:20~8:50(日本標準時)
実験期間:2017年1月11日(水)~1月31日(火)(実験予備期間を含む)
打ち上げ予定ロケット:SS-520-4号機*

*SS-520-4号機は、JAXAの観測ロケット(SS-520)をベースに開発している小型ロケットです。

2016年1月15日 更新
観測ロケットS-310-44号機 打ち上げ結果

観測ロケットS-310-44号機 打ち上げ結果

JAXAは、2016年1月15日(金)、「電離圏プラズマ加熱現象の解明」を目的とした観測ロケットS-310-44号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げました。
ロケットは正常に飛翔し、内之浦南東海上に落下しました。

今回の実験では、電離圏下部に発生するSq電流系(※)中心付近で起きるプラズマ加熱現象の解明を目的として、高温度層内のプラズマと電場、磁場等を測定しました。今後、JAXAや各大学において詳しい解析が実施される予定です。
(※)Sq電流系:太陽からのエネルギー入射によって発生する大気の運動に起因する電離圏下部を流れる電流のこと。

2015年11月2日 更新
観測ロケットS‐310‐44号機実験の実施について

観測ロケットS‐310‐44号機実験の実施について

JAXAは、Sq電流系と呼ばれる環状の電流が発生している空域へ観測ロケットS-310-44号機を打ち上げ、搭載した観測機器によって観測実験を行います。
この実験により、通常は南極や北極でしか見られない宇宙空間から地球へ飛び込んでくる電子の加速や加熱といった特異な現象のメカニズムの解明を目指します。

実験場所:内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝属郡肝付町)
打上げ予定日:2016年1月12日(火)12:00~12:30
実験概要:電離圏プラズマ高温度層発生メカニズムの解明


2015年9月11日 更新
観測ロケットS-520-30号機 打ち上げ結果

観測ロケットS-520-30号機 打ち上げ結果

JAXAは、2015年9月11日(金)、「酸化物系宇宙ダストの核生成過程の解明」を目的とした観測ロケットS-520-30号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げ、実験は成功しました。
ロケットの飛翔並びに搭載した実験装置の動作は正常に行われ、内之浦南東海上に落下しました。

今回の実験では、ロケットの弾道飛行による微小重力環境下で酸化物を蒸発させ、その後凝縮する酸化物粒子が生成し成長する過程を直接測定しました。


2015年9月1日 更新
2015年度第一次観測ロケット実験の実施について

2015年度第一次観測ロケット実験の実施について

JAXAは、2015年度第一次観測ロケット実験において、S-520-30号機による観測実験を行います。

実験場所:内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)
打上げ予定日時:2015年9月11日(金)20時00分~20時30分
実験概要:地球やその他太陽系天体の材料となった微粒子が作られる初期状態の再現を行います。

写真:S-520-28号機(2012年)

2014年8月18日 更新
観測ロケットS-520-29号機 打ち上げ結果

観測ロケットS-520-29号機 打ち上げ結果

JAXAは、2014年8月17日(日)、「スポラディックE層空間構造の立体観測」を目的とした観測ロケットS-520-29号機を内之浦宇宙空間観測所から打上げ、実験は成功しました。
ロケットの飛翔並びに搭載した実験装置の動作は正常に行われ、内之浦南東海上に落下しました。

ロケットに搭載したプラズマ測定用プローブが、ノーズコーン開頭後に測定を開始し、上昇時には高度97kmに、下降時には高度100kmにスポラディックE層が存在していたことを観測しました。


2014年8月5日 更新
観測ロケットS-310-43号機 打ち上げ結果

観測ロケットS-310-43号機 打ち上げ結果

JAXAは、2014年8月4日(月)、「ロケット慣性飛行中の二相流挙動(*)及び熱伝達特性の観測」を目的とした観測ロケットS-310-43号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げ、実験は成功しました。
ロケットの飛翔並びに搭載した実験装置の動作は正常に行われ、内之浦南東海上に落下しました。

(*))二相流挙動:気体と液体が混合する流れの状態。今回の実験は、極低温流体(液体窒素)を供試体に流し、その沸騰・流動状況を計測することで、熱流動解析モデルの精度向上を目的としています。

写真:S-310-43号機「ロケット慣性飛行中の二相流挙動及び熱伝達特性の観測」画像


2014年6月25日 更新
2014年度第一次観測ロケット実験の実施について

2014年度第一次観測ロケット実験の実施について

JAXA宇宙科学研究所は、2014年度第一次観測ロケット実験において、S-310-43号機、S-520-29号機による観測実験を行います。

実験場所:内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)

「ロケット慣性飛行中の二相流挙動及び熱伝達特性の観測実験」

打ち上げ予定ロケット:観測ロケットS-310-43号機
打ち上げ日時:2014年7月30日23時00分~23時30分 予定

「スポラディックE層空間構造の立体観測実験」

打ち上げ予定ロケット:観測ロケットS-520-29号機
打ち上げ日時:2014年8月8日(金) 19時00分 ~ 19時30分 予定

写真:S-520-28号機(2012年)


2012年12月17日 更新
観測ロケットS-520-28号機 打ち上げ終了

JAXAは、微小重力環境を利用した均質核形成実験(*)を目的とした観測ロケットS-520-28号機を12月17日16時00分00秒(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角76度で打ち上げ、実験は計画通り終了しました。
ロケットの飛翔および搭載機器の動作は正常で、計画どおり発射後10秒に炭酸カルシウムの核形成実験を、打ち上げ後100秒に宇宙ダストの核形成再現実験を開始しました。その後、ロケットは283秒に最高高度312kmに達した後、内之浦南東海上に落下しました。
今回取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。
(*)観測ロケットの弾道飛行で得られる数分間の微小重力環境を利用して、結晶化の最初の段階である核形成のようすを観察・計測し、その物理を理解するとともに、将来的に国際宇宙ステーション(ISS)で行うさらに長時間の繰り返し実験のための基礎データを得ることを目的としています。

2012年8月7日 更新
S-310-41号機 打ち上げ終了

JAXAは、小型インフレータブルカプセルの飛行実験を目的とした観測ロケットS-310-41号機を2012年8月7日16時30分00秒(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角81度で打ち上げました。
ロケットの飛翔および搭載機器の動作は正常で、計画どおり発射後60秒に開頭が行われ、191秒に最高高度150kmに達した後、内之浦南東海上に落下しました。
搭載実験機の小型インフレータブルカプセルは、計画どおり発射後90秒にエアロシェルカバーを開放し、95秒にガスの注入を開始し、100秒にロケットから分離・射出されました。射出後は、約20分間にわたり、温度、圧力、加速度、姿勢等のデータおよび画像データを正常に地上局へ送信しながら降下を続けました。
今回取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。
画像:ロケットから分離されたカプセル(カプセル分離から3秒後)

2012年1月12日 更新
S-520-26号機 打ち上げ終了

JAXAは、熱圏中性大気とプラズマの結合過程解明を目的とした観測ロケットS-520-26号機を2012年1月12日5時51分(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角72.5度で打ち上げました。
ロケットの飛翔は正常で、計画どおり発射後56秒に開頭が行われ、58秒に観測を開始、278秒に最高高度298kmに達した後、リチウム放出器に点火、リチウム蒸気を放出し、内之浦南東海上に落下しました。
搭載観測装置の一つ(イオン質量エネルギー分析器)は所定の観測ができませんでしたが、インピーダンスプローブ、ラングミューアプローブ、ビーコン送信機、電場計測器、磁場計測器、太陽センサは、上昇時下降時を通じて正常な観測を行いました。ロケットから放出されたリチウムガスによる赤色雲は、内之浦、宿毛、室戸の各地上観測点で約30分間観測されました。
今回取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。


ロケットから放出されたリチウムガスによる赤色雲
(内之浦 6時16分)

2011年12月20日 更新
S-310-40号機 打ち上げ終了

JAXAは、夜間中緯度電離圏領域における電波伝搬解析を目的とした観測ロケットS-310-40号機を2011年12月19日23時48分(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角76度で打ち上げました。
ロケットの飛翔および搭載された機器の動作は全て正常で、計画どおり発射後60秒に開頭が行われ、210秒後に最高高度180kmに達し、全ての観測を終え、内之浦南東海上に落下しました。
各搭載観測装置は、上昇時下降時を通じて観測を行い、発射から約80秒後に高度103km付近において電子密度の高い領域を観測し、ロケットが予想していた高密度プラズマ領域を通過したことを確認しました。
現在、詳細なデータ解析を実施しています。

2010年8月31日 更新
S-520-25号機、打ち上げ成功

最大高度300km程度に到達する約10分間に渡るロケットの弾道飛行を利用して、電離層中におけるエレクトロダイナミックテザー(EDT)の基礎実験と微小重力環境下におけるテザーを用いたロボットの姿勢制御を目的とした観測ロケットS- 520-25号機を8月31日5:00(日本時間)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角 82.5度で打ち上げました。
ロケットは正常に飛翔し、発射後55秒に開頭し、58秒にプラズマ計測プローブ(FLP,SPP)を展開して観測を開始しました。ロケットは発射後283秒で最高高度309kmに達し、全ての観測を終え、内之浦南東海上に落下しました。
今回取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。

2009年1月26日 更新
S-310-39号機、打ち上げ成功!

JAXAは、オーロラ活動に伴う極域下部熱圏の力学とエネルギー収支の研究を目的としたS-310-39号機を、日本標準時1月26日9時15分(現地時間1時15分)に、アンドーヤロケット射場(ノルウェー)から上下角77.5度で打ち上げました。
ロケットの飛翔及びタイムシーケンスは順調で、ヨーヨーデスピナーは発射後56秒に作動し、61秒に開頭が行われました。アンドーヤロケット射場の速報値によると、ロケットは頂点高度140kmに達した後、計画どおり観測を実施し、アンドーヤ北方海上に着水しました。
詳細なデータ解析は、今後日本において行われる予定です。
画像:打ち上げの瞬間(撮影:アンドーヤロケット射場)

2008年8月2日 更新
S-520-24号機打ち上げ成功!

ロケット飛行中の微小重力環境を利用した結晶成長のメカニズム解明を目的とした観測ロケットS-520-24号機を、8月2日17時30分(日本標準時)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角 78.4度で打ち上げました。
ロケットの飛翔および搭載された機器の動作は全て正常で、発射後55秒に開頭が行われ、結晶成長実験を開始しました。ロケットは発射後274秒で最高高度293kmに達し、全ての実験を終え、内之浦南東海上の予定された海域に落下しました。
今回搭載された2種類の結晶成長実験の機器は全て正常に動作し、データを取得しました。
取得されたデータを用いて、詳細な解析が今後実施されます。

2008年2月7日 更新
S-310-38号機、打ち上げ成功!

2月6日18時14分40秒に、高度150kmまでの三次元プラズマ分布の観測を目的とした観測ロケットS-310-38号機を、内之浦宇宙空間観測所から上下角72.4度で打ち上げました。
ロケットの飛翔および搭載された機器の動作は全て正常で、計画どおり発射後60秒に開頭が行われ、62秒に観測を開始しました。ロケットは、発射後196秒で最高高度157kmに達し、298秒後にチャフを放出した後、全ての観測を終え、内之浦南東海上に落下しました。
今回の実験で取得されたデータについては、今後、詳細な解析が行われ、成果として公表する予定です。

2007年9月2日 更新
S-520-23号機打ち上げ成功!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、電離圏中の中性・電離大気現象と気象・海洋現象の多波長撮影を目的とした観測ロケットS-520-23号機を平成19年9月2日19時20分(日本時間)に、内之浦宇宙空間観測所から上下角77.5度で打ち上げました。
ロケットの飛翔および搭載された機器の動作は全て正常で、発射後55秒に開頭が行われ、56秒に観測を開始しました。ロケットは発射後268秒で最高高度279kmに達し、全ての観測を終え、内之浦南東海上に落下しました。

宇宙科学研究本部 宇宙ニュース

    2007年1月16日 更新
    S-310-37号機打ち上げ成功!

    1月16日午前11時20分、電離圏下部に存在する高電子温度層生成のメカニズムを解明する観測ロケット「S-310-37号機」を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げました。ロケットの飛翔および搭載された機器の動作は全て正常で、発射後59秒に開頭が行われ、60秒に観測を開始しました。ロケットは発射後184秒で最高高度138kmに達し、全ての観測を終え、内之浦南東海上に落下しました。実験は計画通り行われ、搭載の電子温度測定器により高度99~101kmに高温度層が存在していたことが確認されました。

    宇宙科学研究本部 宇宙ニュース

      PAGE TOP