ページの先頭です

X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H) トピックス

トピックス一覧

2016年6月14日 更新
X線天文衛星「ひとみ」の異常に関する小委員会の検証結果について

6月14日(火)に開催された宇宙開発利用部会(文部科学省 科学技術・学術審議会)において、宇宙開発利用部会X線天文衛星「ひとみ」の異常事象に関する小委員会から、下記のとおり報告されました。

2016年6月8日 更新
X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」異常事象調査報告書B改訂等について

6月8日(水)に開催された宇宙開発利用部会X線天文衛星「ひとみ」の異常事象に関する小委員会(文部科学省 科学技術・学術審議会)において、下記のとおり報告をいたしました。

2016年5月31日 更新
X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」異常事象調査報告書A改訂等について

5月31日(火)に開催された宇宙開発利用部会X線天文衛星「ひとみ」の異常事象に関する小委員会(文部科学省 科学技術・学術審議会)において、下記のとおり報告をいたしました。

2016年5月24日 更新
X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」異常事象調査報告書等について

5月24日(火)に開催された宇宙開発利用部会X線天文衛星「ひとみ」の異常事象に関する小委員会(文部科学省 科学技術・学術審議会)において、下記のとおり報告をいたしました。

2016年5月10日 更新
X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」の状況について(その2)

5月10日(火)に開催された宇宙開発利用部会(文部科学省 科学技術・学術審議会)において、下記のとおり報告をいたしました。

2016年4月28日 更新
X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」の今後の運用について

X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」について、異常事態発生後、JAXAをあげて不具合の全容解明を行うとともに、衛星状態の把握に努め、衛星の機能回復に向け全力を尽くしてまいりました。しかしながら、JAXAとして技術的に検討した結果および結論について4月28日、プレスリリースを発出し記者会見を実施いたしました。

この判断を踏まえ、衛星の復旧に向けた活動は取りやめ、今後、今回の異常に至った原因究明に専念することとし、ASTRO-Hとしての設計/製造/検証/運用の各段階において今回の事態に至った要因を調査し、背後要因も含めた原因を徹底的に究明いたします。

この衛星の観測成果に期待し、応援いただいてきた多くの国民の皆さま、NASAをはじめ国内外の協力関係機関の皆さま、観測を進めようと計画されていた国内外の天文学の研究者の皆様に対しまして、ASTRO-Hの運用を断念せざるを得ないことについて、深くお詫び申し上げます。

2016年4月19日 更新
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の状況について

4月19日に開催された宇宙開発利用部会(文部科学省 科学技術・学術審議会)において、下記のとおり報告をいたしました。
JAXAは引き続き衛星の通信の復旧及び原因調査について機構をあげて取り組んでまいります。

2016年4月19日 更新
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の状況について

X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)は、2016年3月26日の運用開始時(16時40分頃)に衛星からの電波を正常に受信できず、その後も衛星の状態を確認できない状況が続いており、衛星の通信の復旧および原因調査について機構をあげて取り組んでおります。
3月28日以降の状況について、「ひとみ」(ASTRO-H)特設サイトにてお知らせするとともに、4月1日、同8日、同15日に記者説明会を実施しました。

4月15日(金)記者説明会


4月8日(金)記者説明会


4月1日(金)記者説明会


JAXAは引き続き衛星の通信の復旧及び原因調査について機構をあげて取り組んでまいります。

2016年3月27日 更新
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の通信異常について

 平成28(2016)年2月17日に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)は、3月26日(土)の運用開始時(午後4時40分頃)に衛星からの電波を正常に受信できず、その後も衛星の状態を確認できない状況が続いています。現時点で、通信不良の原因は不明ですが、短時間ではあるものの衛星からの電波を受信できたことから、引き続き衛星の復旧に努めております。
 この衛星状態を受け、復旧及び原因調査に万全を期すため、本日、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構内に理事長を長とする対策本部を設置し、第1回会合を開催いたしました。ひとみの通信の復旧及び原因調査について全社的に取り組んでおります。対応状況、調査結果については随時お知らせいたします。

2016年2月29日 更新
「ひとみ」クリティカル運用期間が終了!初期機能確認へ

2月17日(水)に種子島宇宙センターからH-IIAロケット30号機により打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」は、軌道に投入後、冷却システムの立ち上げ・伸展式光学ベンチの伸展など、重要なイベントを正常に終え、クリティカル運用を終了しました。
今後は、「ひとみ」に搭載した各機器が宇宙空間で正しく動作するかを確かめる初期機能確認を約1ヶ月半、観測精度を高めるためのキャリブレーション観測を約1ヵ月半かけて実施する予定です。

「ひとみ」クリティカル運用期間が終了!初期機能確認へ

2016年2月17日 更新
ASTRO-H打ち上げ成功!名称は「ひとみ」

2月17日17時45分(日本時間)、晴天の種子島宇宙センターからX線天文衛星ASTRO-HがH-IIAロケット30号機で打ち上げられました。
ロケットは打ち上げ後約14分15秒にASTRO-Hを正常に分離、内之浦局で衛星からの電波を受信した後に「ひとみ」と命名されました!
名称の由来は、「ひとみ」が「熱い宇宙の中を観るひとみ」であることなどで、詳しくはプレスリリースおよび特設サイトで綴られています。

高温・高エネルギーの宇宙の中を観るX線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)へ、今後も熱いご声援をお願いします!

ASTRO-H打ち上げ成功!名称は「ひとみ」

2016年2月14日 更新
ASTRO-H打ち上げ日時を再設定!ライブ中継は2月17日17時25分から

H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星ASTRO-Hの打ち上げ予定日時を、2月17日17時45分に再設定いたしました。インターネットでの打ち上げライブ中継は17日17時25分から配信します。

また、JAXA事業所や全国各地でのパブリックビューイングも実施します。ASTRO-H旅立ちの瞬間をぜひお見逃しなく!皆様の熱い応援メッセージをお待ちしています。

ASTRO-H打ち上げ日時を再設定!ライブ中継は2月17日17時25分から

2016年2月12日 更新
X線天文衛星ASTRO-H 打ち上げ延期

H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星ASTRO-Hの打上げを2月12日(金)に予定していましたが、天候上の理由により延期となりました。新たな打ち上げ日は決まり次第お知らせします。
天候判断の結果、射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲の発生が予想されること、および打上げ作業に支障のある強風が予想されることから延期することといたしました。
特設サイトでは、ASTRO-Hのミッション「熱い宇宙の中を観る」とは何か詳しく解説しています。また、皆様からの熱い応援をおまちしています!

X線天文衛星ASTRO-H 打ち上げ延期

2016年2月10日 更新
ASTRO-H打ち上げ予定時刻は2月12日(金)17時45分!ライブ中継は12日17時25分から

X線天文衛星ASTRO-Hを搭載したH-IIAロケット30号機の打ち上げ予定時刻が、2016年2月12日(金)17時45分(日本時間)に決まりました。 JAXAは12日17:25から、種子島宇宙センターでの打ち上げの様子をインターネットライブ中継いたします。またテーブルテレビ局での配信、JAXA見学施設や全国の科学館などでのパブリックビューイングも行います!

ブラックホール、超新星残骸、銀河団など、X線やガンマ線を放射する高温・高エネルギーの天体の研究を通じて、宇宙の成り立ちを調べ、熱く激しい宇宙に潜む物理現象の解明に挑むASTRO-H。旅立ちを一緒に応援してください!

ASTRO-H打ち上げ予定時刻は2月12日(金)17時45分!ライブ中継は12日17時25分から

2015年12月11日 更新
X線天文衛星「ASTRO-H」2月12日打ち上げへ

新世代のX線天文衛星ASTRO-Hの打ち上げ予定日が、2016年2月12日(金)に決まりました。H-IIAロケット30号機により、種子島宇宙センターから打ち上げられる予定です。

本日オープンした特設サイトで、ミッションや観測機器などの情報を随時お知らせいたします。ぜひ ASTRO-Hが観ようとしている“熱い宇宙”とは何か、どのような機器が搭載されるのか、などにふれてください! またJAXAは打ち上げ当日のライブ中継を予定しています。

X線天文衛星「ASTRO-H」2月12日打ち上げへ

2015年12月2日 更新
ASTRO-H機体公開

11月27日、筑波宇宙センターで、X線天文衛星ASTRO-Hの報道関係者向け機体公開が行われました。
「ASTRO-H」はブラックホール、超新星残骸、銀河団など、X線(エックス線)やガンマ線で観測される高温・高エネルギーの天体の研究を通じて、宇宙の構造とその進化の解明を行う天文衛星です。
宇宙から地球へ飛んでくるX線やガンマ線は、地球の大気に吸収されてしまうために、地上で観測することができません。そのため、宇宙で観測することが必要となります。
「ASTRO-H」は、X線天文衛星「すざく」の後継として開発され、JAXA、NASAをはじめ、国内外の大学・研究機関の200人を超える研究者が開発に参加する、X線天文学の旗艦ミッションです。大規模な国際協力で開発された4種類の新型観測システムが搭載され、「すざく」にくらべて10倍から100倍も暗い天体の分光観測が可能になります。

ASTRO-H機体公開

2015年11月2日 更新
ASTRO-H 正弦波振動試験を実施

8月29日から10月2日にかけて、X線天文衛星ASTRO-Hの正弦波振動試験が、筑波宇宙センター大型振動試験設備で実施されました。正弦波振動試験は、衛星構造の動特性評価と、打ち上げ時相当の振動荷重を負荷することによる強度評価という二つの大きな目的があります。
10月2日に最後の振動試験を終えて、予定通り動特性評価のためのデータの取得と、打ち上げ時相当の振動荷重に対する衛星主構造の強度検証ができました。

ASTRO-H 正弦波振動試験を実施

2015年8月3日 更新
ASTRO-H 熱真空試験を実施

6月24日から7月9日にかけて、X線天文衛星ASTRO-Hの熱真空試験が、筑波宇宙センター13mチャンバで実施されました。熱真空試験は、衛星を宇宙の真空および熱的環境にさらすことで熱モデルの検証を行う、電気試験によって軌道上での観測機器の機能・性能を実証する、という目的があります。
衛星に搭載された観測装置は、それぞれ期待通りの性能が確認され、軌道上で使うコマンドの実証、キャリブレーションデータの取得など、すべての試験項目を通過することができました。

ASTRO-H 熱真空試験を実施

2015年4月21日 更新
軟ガンマ線検出器(SGD)ASTRO-Hに搭載完了

熱真空試験、冷却試験などを無事に終了した2台の軟ガンマ線検出器(SGD)がASTRO-Hに組み付けられました。写真は衛星構体に取り付けられ、デブリカバー やラジエータも組み込まれたSGD2。この後、金色のMLI(多層断熱シート)で覆われ外からは見えなくなりました。
いよいよASTRO-Hのすべての観測機器がそろい、打ち上げに向かって最終コーナーをまわりつつあります。これからも機能試験、熱真空試験、振動試験などハード ルはたくさんがあり、一つ一つ乗り越えていく必要があります。

軟ガンマ線検出器(SGD)ASTRO-Hに搭載完了

2015年1月25日 更新
軟ガンマ線検出器(SGD)熱真空試験

60-600keVの軟ガンマ線帯域を観測する軟ガンマ線検出器(SGD)の熱設計の確認を兼ねた熱真空試験を、つくば宇宙センターの8mチャンバーで行っています。
SGDのセンサー部は、-20度の低温で動作させなければなりませんが、衛星パネルの外に配置されるため、太陽や地球からの放射、衛星パネルからの熱入力、さら には、大量の半導体高集積回路(LSI)やアンプからの熱入力があり、そのままだと温度が上昇してしまいます。
そのため、これらの熱を、熱伝導やヒートパイプを通してラジエーターまで運んで熱放出し、アルミホイルを何重にもしたようなMLIで全体を囲んで熱入力を遮 断しています。また、半導体センサーを200-1000Vもの高い電圧で動作させるため、真空中で放電しないかどうかの試験が必要となります。

写真:8mチャンバーの中に配置されたSGD-2

軟ガンマ線検出器(SGD)熱真空試験

2014年5月29日 更新
X線天文衛星「ASTRO-H」一次噛み合わせ試験(XRT関連)

硬X線望遠鏡(HXT)2台、軟X線望遠鏡(SXT)2台が完成して一通りの性能確認を終え、いよいよ衛星一次噛み合わせに登場します。一次噛み合わせでは、実際に衛星の光学台に望遠鏡を取り付け、他の機器や構造体との機械的干渉がないか、望遠鏡の位置・角度調整作業の作業性や使う道具に問題はないか、などを、確認します。

写真:足場に囲まれた衛星全景

X線天文衛星「ASTRO-H」一次噛み合わせ試験(XRT関連)

2013年3月26日 更新
微小擾乱試験

2013年3月のほぼ一ヶ月をかけて筑波宇宙センター総合環境試験棟の特性試験室にて微小擾乱試験を行いました。ASTRO-Hにはセンサ冷却用の冷凍機や姿勢制御用のジャイロ、リアクションホイールなど、機械的な微小振動を引き起こす装置が搭載されます。これらの装置が発生させる微小な振動によって、望遠鏡が捕らえた天体のX線像がぶれたり、観測センサの性能に影響を与えないかを調べるため、擾乱源となる装置の実機や模擬擾乱源を実際に動作させ、衛星の各点(望遠鏡や観測用センサ90箇所程度) に発生する加速度等を測定しました。

写真:試験中にクレーンで吊られた状態のASTRO-H衛星

2013年3月11日 更新
SXT フライトモデル(FM1)が完成。日本へ!

NASAのゴダード宇宙飛行センター(Goddard Space Flight Center)において、ASTRO-Hに搭載される軟X線望遠鏡(SXT)のフライトモデル(FM) SXT-1 が完成しました。写真がその望遠鏡です。
望遠鏡のハウジングは円周方向に4分割、上下に2分割されており、それぞれに円錐形のX線反射鏡が同心円状に並べられています。NASAゴダード宇宙飛行センターにおいて約1年かけて製作された反射鏡が合計で1624枚収められており、+/-5ミクロンという誤差で位置決めをされ、固定されています。
また望遠鏡の入り口には、プリコリメータという装置が取り付けられています。これは一般のカメラのレンズの先に取り付けられるレンズフードと同じ役目をするもので、望遠鏡の視野外からくる余計なX線が望遠鏡に入ることを防ぎます。このプリコリメータは宇宙科学研究所で製作され、ゴダード宇宙飛行センターにおいて望遠鏡に取り付けられました。
望遠鏡は完成後、性能確認の試験を経て、3月11日に宇宙科学研究所へ発送されました。これから宇宙科学研究所30mX線ビームラインにおいて、X線を用いた詳細な性能評価試験が始まります。

完成した一台目のSXTフライトモデル

2012年8月10日 更新
熱試験モデル(TTM)の試験が始まりました。

8月10日から筑波宇宙センターでASTRO-Hの熱試験モデル(TTM)試験が開始されました。TTMは約4ヶ月かけて組み立てられました。ASTRO-Hは規模が大きく、750点もの温度センサがついており、軟X線分光検出器(SXS)用のヒートパイプというアクティブな要素もあるために、試験が大変おおがかりです。また、ほとんどの構造体は、すでにフライトモデルが搭載されているため、細心の注意を払って組み立てられ、試験が行なわれています。この実験は宇宙科学研究所ASTRO-Hチームに加え、宇宙科学研究所熱・流体グループやNEC、AESの企業の方々と24時間勤務で行っています。

2012年5月15日 更新
HXT-1 ミラー部分完成

衛星搭載機器としては初の国産望遠鏡となる、硬X線望遠鏡第一号機(HXT-1)のミラー部分がついに完成しました。写真の筒状のものは多数の硬X線反射鏡が収められたハウジングで、この中に反射鏡が約1300枚もつまっています。この反射鏡は円錐形をした薄いアルミフォイルの表面(円錐形の内面)にプラチナと炭素の多層膜がついているもので、ブラッグ反射という原理を利用して硬X線を反射します。反射鏡は名古屋大学において1年かけて製作され、一枚一枚手でハウジングの中に収められました。この、反射鏡製作そして組み上げはとても手間と時間と精神力の要る作業です。

2012年4月21日 更新
望遠鏡(SXT-S)のプレコリメータが完成しました。

2012年4月21日に軟X線望遠鏡(SXT-S)の衛星搭載用のプレコリメータが完成しました。左側の写真は宇宙科学研究所D棟4階のクリーンルームの中で製作している様子です。プレコリメータとは望遠鏡の開口部に取り付けてX線の入射方向を制限し、観測したい天体以外からのX線を取り除くための装置です。円形の望遠鏡に取り付けるため、4分の1の扇型をした型枠に、右側の写真のように203枚のアルミ薄板をスライドさせて、製作します。これを4個作成し、1台の望遠鏡に取り付けます。完成した板は、望遠鏡と同様にバウムクーヘン状になります。右側の写真がプレコリメータの完成品です!

左: プレコリメータの製作中 右: プレコリメータの完成品

2010年3月15日 更新
ASTRO-H、無事基本設計審査合格とロゴマーク改訂

2010年5月13-14日にASTRO-Hの基本設計審査会が行なわれ、無事合格いたしました。これからは衛星の詳細設計フェーズがいよいよ始まります。これに併せ、2月25日に発表したASTRO-Hの正式ロゴマークを改訂しました。今までは夜空だった背景が、ASTRO-Hの打ち上げという夜明けにだんだん近づいていくように明るくなっています。今後ともASTRO-H計画が順調に進むよう頑張ります。ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

2009年10月28日 更新
オランダ宇宙研究機関(SRON)と共同活動に係る実施取決を締結

オランダ宇宙研究機関(SRON)とJAXAは、2009年10月28日、駐日オランダ王国特命全権大使(Dr. De Heer)及び立川JAXA理事長立会いの下、宇宙科学分野における協力を推進することを目的とする協力協定を締結しました。また同日、ASTRO-Hミッションにおける共同活動に係る実施取決も併せて締結致しました。
ASTRO-HミッションでSRONは、搭載観測装置(SXS)用関連機器の開発等を担当するとともに、サイエンスチームに参加し科学的研究を行います。

PAGE TOP