ページの先頭です

人工衛星による宇宙利用 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)

後期運用中

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)とは

現在、地球温暖化は人類全体にとって大きな課題となっています。このままでは数世紀以内に極端な地球環境変動が起きる可能性があると指摘されています。

1997年、京都で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)で「京都議定書」が採択され、先進国が二酸化炭素等の排出量を2008~2012年の5年間の平均で、1990年水準から6~8%削減することが義務づけられました。

さらに、各国が地上・海洋・宇宙での観測を一段と強化する「全球気候観測システム(GCOS: Global Climate Observation System)」が、世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)によって提案されました。

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)は、これらの条約への貢献を目的とした衛星で、温室効果をもたらすと言われている二酸化炭素やメタンなどの濃度分布を宇宙から観測するため、2009年1月23日に打ち上げられました。
「いぶき」はJAXAと環境省が共同開発するプロジェクトで、JAXAは衛星と観測センサの開発を、環境省は主にデータ利用を担当しました。

「いぶき」の成果として、従来の地上観測では困難であった全球の均一な観測が実現できたこと、観測データを取り込むことで,推定誤差を最大で50%以上低減できたことが挙げられます。これらの成果から、将来のより効果的な地球温暖化政策の立案が期待できるとして、環境省の重点政策の一つとして後継機であるGOSAT-2が計画され、2018年10月29日に打ち上げられました。

「いぶき」は、設計寿命を超えたことから2014年2月24日に後期運用へと移行しました。

トピックス

一覧
2019年9月4日 更新

2019年8月ブラジル・アマゾンの林野火災に関する衛星観測

2019年8月ブラジル・アマゾンの林野火災に関する衛星観測

南米ブラジルのアマゾン周辺における森林や農地において、2019年8月から大規模な林野火災が発生しており、その後も被害が拡大しています。 本稿ではこの林野火災に関するJAXAの地球観測衛星による観測結果の一例をご紹介します。 それぞれの衛星の特徴を生かし、「しきさい」(GCOM-C)では火災地点や煙の検知、「だいち2号」(ALOS-2)では森林面積の変化の監視、「いぶき」(GOSAT)では火災からの煙の検知を行うことができます。

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の特徴

衛星による温室効果ガス観測の特徴

温室効果ガスの濃度分布は地上の観測地点や航空機からも観測されていますが、その数は348点(2013年1月現在)と少なく地域的にも偏っています。
「いぶき」は約100分で地球を1周する軌道から、地球表面のほぼ全域にわたって、等間隔で二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの濃度分布を3 日に1回測定することができます。そのため、約5万6000点の観測ポイントと、地上観測に比べて飛躍的に数を増加させるとともに、観測データが全くなかった地域のデータも取得することが可能となりました。そして、これらの濃度データを用いてこれまでに二酸化炭素の吸収排出量の推定精度を最大で40%向上することが出来ました。このデータは各国の政府機関や科学者のみならず、登録することで、誰でも利用することが可能です。

主要諸元

国際標識番号 2009-002A
打ち上げ日時 2009(平成21)年1月23日 12:54
打ち上げロケット H-IIAロケット15号機
打ち上げ場所 種子島宇宙センター
形状 2翼式太陽電池パドルを有する箱形
3.7m×1.8m×奥行2.0m
(太陽電池パドル両翼端間13.7m)
質量 約1,750kg(打ち上げ時)
軌道 太陽同期準回帰軌道
軌道高度 約667km
軌道傾斜角 約98度
軌道周期 約98分

PAGE TOP