ページの先頭です

惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A) トピックス

トピックス一覧

2016年3月24日 更新
「ひさき」観測 太陽風が引き起こす木星の強力なオーロラ

惑星分光観測衛星「ひさき」は、NASAのチャンドラX線望遠鏡、ESAのXMMニュートンなどと協力し、木星のオーロラを二週間にわたって長時間観測しました。
これらの観測結果から、太陽風の速度と木星オーロラの強度が深く関わり合っていることがわかりました。さらに、数値計算の結果、X線オーロラを貫く磁力線は木星磁気圏と太陽風の境界面につながっていることがわかりました。このことは、X線オーロラは地球のオーロラと同様に、イオンが太陽風の影響で加速されて発生している可能性が高いことを示唆しています。
今後さらに観測を進め、X線オーロラの全貌に迫っていきます。

「ひさき」観測 太陽風が引き起こす木星の強力なオーロラ

2015年3月25日 更新
高速自転が引き起こす、木星のオーロラ爆発

木村智樹研究員(宇宙航空研究開発機構)が率いる研究チームは、惑星分光観測衛星「ひさき」による木星の長時間連続観測によって、オーロラの突発的増光(オーロラ爆発)を捉え、この現象が木星自身の高速自転によって引き起こされることを世界で初めて示しました。

高速自転が引き起こす、木星のオーロラ爆発

2014年9月26日 更新
「ひさき」木星磁気圏観測で初成果

2013年9月14日、イプシロンロケットにより打ち上げられた惑星分光観測衛星「ひさき」が搭載の極端紫外線分光装置(EUV)により木星の磁気圏を観測し、高温の電子が木星側に向かって流れているという証拠を世界で初めて捉えました。これは従来の学説を裏付ける重要な証拠です。
本研究成果は2014年9月26日発行の米科学誌「サイエンス」に掲載されました。

「ひさき」木星磁気圏観測で初成果

2013年11月26日 更新
「ひさき」、初観測データの取得及び定常観測運用開始

平成25年9月14日にイプシロンロケット試験機により打ち上げられた惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)に搭載された極端紫外線分光装置(EUV)による木星及び金星の分光観測を11月19日に行いました。その結果、極端紫外線分光装置(EUV)が正常に機能し、科学観測に供することができることを確認しました。
また、これに先立ち、視野ガイドカメラ(FOV)の機能確認を行い、対象天体を高精度に追尾する機能の正常動作を確認しています。
これにより、「ひさき」は初期の軌道上機能確認を終了し、定常観測運用を開始する予定です。
今後「ひさき」は世界で初めて極端紫外線で惑星を長期間にわたり観測し、惑星の環境に関する新たな知見を得ることにより、人類の知の増大に貢献することが期待されます。

「ひさき」、初観測データの取得及び定常観測運用開始

2013年9月15日 更新
「ひさき」、クリティカル運用終了

9月14日14:00に内之浦宇宙空間観測所からイプシロンロケット試験機で打ち上げた惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)は、所定の軌道に投入されたとともに、太陽電池パドル展開、太陽捕捉等の重要なイベントが正常に終了し、クリティカル運用が終了となりました。

2013年9月14日 更新
イプシロンロケット試験機、打ち上げ成功!

9月14日(土)14:00に、惑星分光観測衛星を搭載したイプシロンロケット試験機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げました。
イプシロンロケットは正常に飛行し、打ち上げ約61分39秒後に惑星分光観測衛星を分離したことを確認しました。
打ち上げの様子を写真に収めた方はぜひ自慢の打ち上げ写真を特設サイトにお送りください!

またこのたび惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の愛称が「ひさき(HISAKI)」に決まりました!
「ひさき」は約2ヶ月間の初期運用後に実際に観測や運用を開始し、2014年にはハッブル宇宙望遠鏡やX線天文衛星「すざく」、ハワイの地上望遠鏡などと一緒に、それぞれの観測機器で木星を観測する予定です。
今回、無事に宇宙へ送り出した惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の活躍はこれからです!
引き続きご注目ください!

2013年9月12日 更新
イプシロンロケット試験機の打ち上げ日を決定!

打ち上げを延期していた惑星分光観測衛星を搭載したイプシロンロケット試験機について、打ち上げ日と打ち上げ時刻を設定しました。
JAXAでは当日13:25頃から、内之浦宇宙空間観測所での打ち上げの様子をライブ中継いたします。ご自宅でインターネットを通じてご覧いただけますのでぜひご覧ください。

打ち上げ日:2013年9月14日(土)
打ち上げ時刻:13:45(日本時間)

2013年9月9日 更新
イプシロンロケット試験機、打ち上げ日の再設定について

地上装置による姿勢異常の検知により8月27日の打ち上げを中止した、惑星分光観測衛星を搭載したイプシロンロケット試験機について、原因究明・対策の結果および特別点検の状況をふまえ、打ち上げ日を2013年9月14日(土)以降に行うこととしました。

打ち上げ日および打ち上げ時刻については決まり次第また改めてご案内いたします。

2013年8月28日 更新
イプシロンロケット試験機 打上日再設定の見通しについて

平成25年8月27日(火)にリフトオフ約19秒前に打上げを中止したイプシロンロケット試験機については、現在引き続き原因を調査中であり、慎重を期して今後の原因調査作業、対策確認等を行っていくことと致しました。このため、打上げ日を8月中に決定することが難しい状況です。原因調査の結果や打上げ日については、わかり次第お知らせします。

2013年8月27日 更新
イプシロンロケット試験機、8月27日の打ち上げを中止

惑星分光観測衛星(SPRINT-A)を搭載したイプシロンロケット試験機の打ち上げを、8月27日(火)13:45(日本時間)に予定し作業を進めていましたが、ロケットの自動カウントダウンシーケンス中に姿勢異常を検知し、打ち上げ約19秒前に緊急停止しました。8月27日の打ち上げは中止になりました。原因については現在調査中です。

2013年8月8日 更新
イプシロンロケットによる惑星分光観測衛星の打ち上げ延期について

イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPIRNT-A)の打ち上げは8月22日を予定していましたが、打ち上げ準備作業中のロケットと地上装置との通信機能点検において、地上装置に不適合が確認され処置に時間を要したため、打ち上げを8月27日に延期いたします。

打ち上げ予定日:2013年8月27日(火)
打ち上げ予定時間帯:13:45~14:30

2013年7月12日 更新
イプシロンロケット/惑星分光観測衛星特設サイト オープン!
ライブ中継先&応援メッセージ募集開始!

JAXAでは、イプシロンロケットによる惑星分光観測衛星(SPRINT-A)打ち上げの模様を、内之浦宇宙空間観測所からインターネットを通じて生中継する予定です。
この映像を、インターネット、携帯電話・スマートフォン、タブレット端末などに配信していただける配信会社、放送していただける放送局(CS、CATV局、IP放送局含む)、パブリックビューイングしていただける科学館、街頭ビジョン、学校などを公募します。一緒に、「イプシロン」ミッションを応援してください !
また、特設サイトオープンに伴い、Twitterによる応援メッセージの募集も開始いたしました。ハッシュタグは「#イプシロン応援」です。イプシロンロケット/惑星分光観測衛星とプロジェクトチームへ、打ち上げに向けた応援メッセージをお待ちしています。

2013年5月21日 更新
惑星分光観測衛星(SPRINT-A)・イプシロンロケット、打ち上げ日決定!

惑星分光観測衛星(SPRINT-A)を搭載するイプシロンロケット試験機の打ち上げ予定日が、2013年8月22日(木)に決まりました。打ち上げ予定時間帯は13時30分~14時30分(日本時間)で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げます。
また、固体ロケットの伝統と将来を表現したイプシロンロケット試験機の機体デザインが決定! 5月7日に募集を締め切った「イプシロンロケット応援メッセージ募集」に寄せられた皆様のメッセージをデザインの一部へ組み込む作業を今後進めます。メッセージ募集には合計5,812件もの投稿をいただきました。ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。

PAGE TOP