太陽系と宇宙の起源の解明に向けて 美笹深宇宙探査用地上局(MDSS)

美笹深宇宙探査用地上局(MDSS)

探査機と通信を行うため、長野県佐久市にある地上局です。システムは口径54mアンテナ、20kW級固体電力増幅装置(SSPA)および2つの受信機から構成されており、現在使用している口径64mアンテナより10m縮小した口径でありながら同等の受信能力を維持し、高精度に探査機を追尾できます。
使用する周波数は、実績のある周波数(X帯)を継続使用することに加え、従前よりも大容量のデータを受信できる周波数(Ka帯)にも対応することで、宇宙探査ミッションを支えています。
※GREATプロジェクトは2021年6月1日付けで解散、同日、GREAT2プロジェクト(美笹深宇宙探査用地上局(MDSS))が発足いたしました。

美笹深宇宙探査用地上局の概要

完成までの様子

PAGE TOP