ページの先頭です

埼玉県比企郡 地球観測センター

私達の生活している地球の環境状態を、人工衛星から観測するリモートセンシング技術。
今日重要な役割を果たしているこのリモートセンシング技術の確立・発展のため、1978(昭和53)年10月、埼玉県比企郡に地球観測センターが設立されました。
緑豊かな自然に囲まれたセンター内には、3つの巨大なパラボラアンテナがあり、日々、観測衛星からのデータを受信して、磁気テープを用いたデータアーカイブシステムに保存します。
コンピュータシステムにより画像処理し、検査されたデータはDVDなどで国内外の研究機関や大学、地方公共団体や一般の方などにも提供され、環境問題の解明や災害監視、資源調査といった幅広い分野で活用されています。

所在地

〒350-0393 埼玉県比企郡鳩山町大字大橋字沼ノ上1401

電話

049-298-1200(代表)

主要施設

パラボラアンテナ 

直径13mの当センター最大のパラボラアンテナです。
データ中継衛星(DRTS)による衛星間通信を利用したデータ受信用のアンテナであり、2000年に設置されました。

第1運用棟 

第1運用棟には、地球観測衛星が観測したデータを受信・記録する設備や、それらのデータを処理する設備等が配置されています。

第2運用棟 

ADEOS-IIで運用される衛星間通信に関する設備や当センターの展示室があります。

施設設備の詳細は地球観測センターの施設サイトでご覧いただけます

PAGE TOP