ページの先頭です

理事長挨拶・定例会見

理事長定例記者会見

理事長挨拶

理事長 山川 宏

皆さまこんにちは。このたび、宇宙航空研究開発機構、JAXAの理事長を拝命いたしました、山川宏でございます。どうぞ宜しくお願いいたします。

私自身は、12年前の2006年までJAXAに在職しておりました。当時、ロケットの開発などに従事しておりまして、また、今年10月に打上げが迫っている、日本と欧州宇宙機関ESAの国際共同プロジェクトである水星探査ミッションBepiColombo(ベピ・コロンボ)のプロジェクトマネージャも務めておりました。また、米国航空宇宙局NASA及び欧州宇宙機関ESAにも客員科学者として長期滞在をして研究を進めていた経験もあります。また、2006年からこの3月まで勤務していた京都大学では、スペースデブリの観測技術あるいは低減技術、更には地球接近小惑星への工学的対処方法等の研究に取り組んでおりました。また、2010年から2012年にかけては内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長、2012年以降は内閣府の宇宙政策委員会の委員として、日本の宇宙政策に携わって参りました。
民間出身の理事長が3代続いた中で、研究者として初めての理事長ということで、身が引き締まる思いです。

さて、これまでJAXAは奥村前理事長の舵取りの下、宇宙利用による産業化・社会インフラ化を目指して、準天頂衛星技術の内閣府移管、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の民間利用促進、地球観測衛星データの防災利用への実用化を着実に進めてきました。また、内部改革による経営基盤の強化とともに、プライムメーカー方式による次世代大型国産ロケットH3や通信衛星市場獲得を目指した技術試験衛星9号機の開発、更には将来探査に向けた宇宙探査イノベーションハブの新設や宇宙状況把握システムの強化など、日本の宇宙・航空分野の国際競争力強化に貢献し、社会課題の解決や産業振興の発展に重要な役割を担ってきました。

昨今、宇宙・航空分野は、欧米でのNew Spaceの登場や中東・アフリカ等の新興国の参画が増える等世界的に変化が激しい状況にあり、我々は厳しい競争環境にさらされていると認識しております。また、宇宙開発機関に求められる役割が変化していると考えています。その認識の下、JAXAが一丸となって日本の宇宙・航空分野の発展に取り組む姿勢を、国民の皆様にも、また職員一人ひとりにも感じてもらえるような活動を進めていきたいと考えております。

そのためには、二つのことを考えています。
一つ目は、これまで取り組んできた研究開発成果が社会に活用され根付いていく世界を実現すること。二つ目は、JAXAは宇宙・航空分野の新たな世界を切り開く挑戦的な研究開発に取り組み、日本の宇宙・航空分野を牽引して行かねばならない、ということです。
取り組みの一つ目については、奥村理事長時代に方向性を定めた様々なプロジェクトや施策の検討を更に進めて、衛星測位技術の向上・発展やリモートセンシングデータのオープンフリー化等を通じて、衛星利用を社会インフラとして定着させていきたいと考えております。前中長期計画に始まった「安全保障分野での宇宙技術の利用」については、我が国としての重要事項としてとらえ取り組んでいきたいと考えております。また、宇宙探査及び航空分野でのオープンイノベーションの活動や「きぼう」利用における、これまで宇宙分野には参画していなかった新しいプレーヤーとの協働や、ベンチャー企業等民間事業者の参加についても更に進めてまいりたいと考えております。
二つ目の、新たな世界を切り開く挑戦的な研究開発については、先日東京で開催されたISEF2での国際的な月探査の議論に対応できる組織をしっかりとJAXAに立上げるなど、その活動を牽引する研究開発を進めたいと考えております。その際は、新しいパートナーや新しい技術を積極的に取り込み、宇宙・航空分野の新たなイノベーションを生み出す研究開発を進めていきたいと考えております。

私が預かる第4期中長期計画期間中、これまでの私の経験、すなわち、政府における政策立案の経験、国内外での宇宙機関での勤務経験を活かしてJAXAが挑戦し続ける組織となるよう、尽力して参りたいと思います。
今後の、日本の宇宙航空研究開発の発展のために全力を注ぐ所存でございますので、皆様のご支援、ご協力を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

[2018年4月2日 山川理事長就任記者会見より]

経歴

氏名 山川 宏(やまかわ ひろし)
任期 平成30年4月1日~平成37年3月31日
主要経歴
平成5年3月 東京大学大学院工学系研究科航空学専攻博士課程修了
平成5年4月 宇宙科学研究所
平成18年9月 京都大学生存圏研究所教授
平成22年7月 内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長(兼任)
平成24年7月 内閣府宇宙政策委員会委員(兼任)

PAGE TOP