ページの先頭です

コンプライアンス・利益相反

JAXAでは、法令等に基づき適正に事業を遂行し、社会からの信頼と期待に応えるため、コンプライアンス総合窓口や利益相反マネジメント制度を設けています。

コンプライアンス総合窓口とは

JAXAには「コンプライアンス総合窓口」があります。
JAXAの仕事に関係している方であれば誰でも、仕事を進める中で、社会規範・倫理や法令等に照らし問題があるのでは?と感じることについて、相談できます。あなたのプライバシーは保護されます。匿名も可能です。
また、競争的資金の適切な管理にかかわる相談等も受け付けています。

プライバシーは守られます。

あなたの個人情報や相談内容は、あなたの了解なしに、相談窓口以外に漏れることは一切ありません。
また、匿名での相談も受け付けます。事実関係を調査する際も、あなたの了解を得ながら、進めます。

相談することで不利な取り扱いは受けません。

相談したことを理由に、あなたが不利益な取り扱いを受けることはありません。

よくある質問

誰でも相談できますか?

JAXAの業務に関係するすべての方々から相談を受け付けます。
職員、招聘職員(常勤、非常勤)、出向職員、派遣社員、研修生、委託会社社員、契約関係にある会社社員、委嘱委員、退職職員等

どんな相談でも受け付けるのですか?

業務上の問題・疑問等であれば、受け付けます。
社会通念上問題ないか、常識的に大丈夫か、などの疑問・問題はもちろん、素朴な疑問、そもそも対象なのか、相談後どのように進めるのか、というような質問も受け付けます。相談窓口で、専門的な相談内容については、必要に応じ外部の専門家の意見を聞くなど、適切に対応します。
ただし、他人への誹謗・中傷や悪意をもった偽りの相談や不満については、受け付けることができません。

コンプライアンスの相談はこちら

JAXA内 コンプライアンス総合窓口

メール 直接ご入力ください
TEL 090-1660-0191
郵便 〒101-8008
東京都千代田区神田駿河台4丁目6番地 御茶ノ水ソラシティ
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
総務部法務課
「コンプライアンス総合窓口」

指定弁護士 岩渕正紀(ふじ合同法律事務所)

メール 直接ご入力ください
TEL 03-5568-1616

利益相反マネジメントとは

 JAXAは、大学や産業界等との連携活動を積極的に進めてゆくため、平成26年度から利益相反マネジメント制度を導入しました。
 具体的には、役職員に自己申告を義務付け、併せて利益相反マネジメント委員会及び利益相反マネジメントアドバイザー(外部弁護士)を設置し、役職員の産業連携活動が適切に行われるよう助言や確認を行っています。

PAGE TOP