ページの先頭です

寄附金

宇宙航空研究開発のさらなる発展のためにご支援をお願いします。

JAXAでは、宇宙航空研究開発を応援して下さる皆様のお気持ちを広く受け入れるため、寄附金の募集を行っております。
集まりました寄附金は、寄附者様が選択した事業に確実に活用し、宇宙航空分野の研究開発で日本が世界に伍し、同時に貢献していくための源泉とさせていただきます。
JAXAは、今後とも、経営理念である宇宙航空分野の研究開発を推進し、英知を深め、安全で豊かな社会の実現に貢献してまいります。
JAXA事業へ一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

寄附の方法

寄附の方法は、ご送金と募金箱へのご寄付の、2種類がございます。

ご送金

送金方法は、下記をご用意しております。

  • クレジットカード決済(VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス)
  • インターネットバンキング(Pay-easy)
  • 銀行等の窓口からのお振込

ご寄附はインターネット寄附金収納サービスをご利用してのご送金となります。下記のボタンをクリックし、必要情報をご入力下さい

寄附にご賛同いただける方はこちら
JAXAでは、株式会社エフレジが提供するインターネット寄附金収納サービスを導入しております。この先は、同社が運営する「F-REGI寄付支払い」のページに移行します。

寄附にあたっての注意事項

  • 寄附は1,000円単位とさせていただいております。
  • 寄附金控除の対象となります。
  • 受領書(領収書)について

受領書(領収書)の発行及び送付は、JAXAが入金を確認した後になります。また、受領書発行日はJAXAへの入金日となります。

  • ご寄附にあたっては、JAXAの寄附金受付けに係る関連規程および「寄附金についてのよくあるご質問」をご確認ください。

募金箱への寄附

以下のJAXA事業所の展示館やJAXA主催のイベント等で、募金箱による寄附を募集しております。
募金箱へのご寄附は現在募集中の事業すべてに充当させていただきます。

現在募集中の寄附金

最先端の宇宙科学研究をあなたがサポート

本事業へのご寄附は、人類の英知を深める世界最先端の宇宙科学研究活動や、現在運用中の探査機・科学衛星の活動に充当いたします。

小さな宇宙船-宇宙服をオールジャパンの技術で実現!

本研究では、世界最高水準の国産宇宙服の実現を目指します。現在の宇宙服は、0.3~0.4という低い気圧で運用されています。気圧が高いと、パンパンに膨張して動けなくなってしまうからです。低い気圧では、宇宙飛行士の減圧症予防のため、船外活動前に2.5時間以上かけて気圧に慣れる作業が必要となりますが、高い気圧で運用できれば、即時船外活動が可能になります。日本が世界に誇る高性能繊維や縫製技術、パワーアシスト技術を活用すれば、宇宙飛行士の身体的な負担を軽減し、高い気圧でも動きやすい宇宙服を実現できます。本事業へのご寄附は、新しい発想に基づく宇宙服の概念検討、そして地上での基礎的な試験などに充当いたします。

空飛ぶエコ!
エミッションフリー航空機(CO2を出さない飛行機)

地球規模の社会問題である地球温暖化が懸念される中、CO2の抜本的な排出削減に向けて、電動モータの利用などにより、「CO2を排出しない(エミッションフリー)航空機」の研究を進めています。2015年には従来のエンジンを電動モータに換えた小型飛行機の飛行実証に成功しました。今後もさらに電動化技術などを発展させて、エミッションフリー航空機技術の研究を進めて参ります。
本事業へのご寄附は、環境に優しいエミッションフリー航空機の実現に向けた技術開発および飛行実証試験等に充当いたします。


イプシロンの進化をみんなでバックアップ

イプシロンロケットプロジェクトチームは平成25年9月の試験機打ち上げ後に強化型開発を実施し、平成28年12月の2号機の打ち上げにより強化型イプシロンロケット基本形態の飛行実証を完了しました。今年度は3号機の打ち上げにより強化型イプシロンロケットオプション形態の飛行実証を予定しています。また、超小型衛星の相乗り搭載構造の開発やH3ロケットとのシナジー対応開発にも着手しています。本事業へのご寄附は、上記開発に必要な費用に充当いたします。

地球の未来をリードする技術研究

本事業へのご寄附は、将来の宇宙開発に欠かせない技術である、宇宙ロボット技術、宇宙エネルギー利用システム(SSPS)、デブリ(宇宙ゴミ)除去研究などに充当いたします。

その他、現在募集中の事業すべてに寄附

いただいた寄附金は一定期間取りまとめて現在募集中の事業に充当いたします。

寄附金の活動報告

たくさんの応援をいただきまことにありがとうございます。いただきましたご支援を確実に宇宙航空研究開発に活かします。

寄附金額のご報告

平成29年度

  • 募金箱によるご寄附

2017年8月の募金合計額:253,727円
(2017年4月からの募金累計額 542,432円)

  • 募金箱以外の方法によるご寄附

2017年8月の寄附金合計額:178,000円
(2017年4月からの寄附金累計額 1,185,300円)

平成28年度

  • 寄付金額合計 9,969,759円

(募金箱によるご寄附の累計:905,166円、
募金箱以外の方法によるご寄附の累計:9,064,593円)

寄附金とともにいただいたメッセージ(2017年4〜6月)

  • 完成した宇宙服で、医療を含め日常生活への素晴らしい応用ができるようにしてくだい。
  • 宇宙飛行士の身体的負担を低減できる宇宙服の開発頑張って下さい。またもう一つ重要視してほしいことが安全性になります。年々スペースデブリが増加傾向にあり、減らす取り組みはあっても万が一宇宙服に当たれば一大事です。一方、船外活動では様々な作業を行う必要がありまして安全性のために頑丈過ぎて身動き出来なくなってしまうと本末転倒になります。そこで解決策の一つとして提案したいのが、宇宙服は身動き出来るものとして宇宙服の周りにスペースデブリから身を守る囲いのような物を準備することです。囲いの前面に穴があってそこから宇宙服の腕だけ出して囲いの窓から見ながら作業すれば安全性は格段に向上すると考えます。ぜひ安全で負担の少ない宇宙活動を実現してほしいです。
  • 小さい頃に宇宙探査ために殉職する宇宙飛行士のSF小説を読み涙しました。
    その時の夢が宇宙飛行士になること、もしなれなくても宇宙ロケットのネジ一本でも作る人になって人類の宇宙進出のためにその飛行士のように貢献することでした。
    今は宇宙に全く関係の無い普通の仕事をしています。私の夢は時と共に現実に直面し挫折し移ろいそして忘却されていましたが、ロケットの打ち上げニュースを聞く度に何か胸の奥に去来するものがあったのも事実です。
    今日、何十年かぶりに私の夢が叶います。ネジ一本にも満たない額かもしれませんし、自己満足だとは思いますが、このような機会があることに感謝します。
    最後に私のような宇宙少年を代表して働いてくれている皆様へエールを送ります。
  • イプシロン。
    そして、自動車・船舶の自動運転を後押しする「みちびき」を応援します。
  • 事故無く頑張って下さい
  • より一層の科学技術の発展を期待しています。
  • 微力ではございますが、日本の世界の未来のために協力できれば幸いです
  • 種子島宇宙センターを見学し、施設案内ツアーに参加して、何かお力になれればと思いました。
  • 経年劣化の困難の中、着々と最先端の成果をあげているあかつきチームを応援させていただきます。
  • 国語と同じように、宇宙や地球の勉強が義務教育になる事を望んでいます。
  • 2030年に有人月面探査を目指す方針というニュースを見て寄付しました。
    このニュースを見た時久しぶりに胸が熱くなりました。
    安全第一で頑張ってください。
  • 今日のニュースで日本が月の有人探査を計画と、ありました。日本の宇宙服で、実現してもらえればと、思います。
  • 2012年から始めた寄付も今年で6回目になりました。はやぶさ2と宇宙服に。想いよ届け!
  • 私も夢を追い続けるような研究がしたかった。
    でも日本では、夢を追いながら飯を食うのは大変な事だと思います。及ばずながら少しでも支えの助けになりたいと思っています。
    本当は、研究者の生活や環境に寄附をさせていただきたいところです。
  • かなり少額ですが役立てて下さい
  • イプシロン後継機を応援していますが、MMXも楽しみにしてます。
  • 夢と希望をありがとうごさいます。宇宙開発の発展を期待しています。
  • 宇宙・地球・生物・精神の存在と営みは、とても不思議です。
    最先端を科学する一助となれば幸いです。
  • 日本版-準同期軌道衛星-みちびきを応援します。
    準同期軌道は資源だと思います。
    日本版の前例ができ、ありがとうございました。

*皆さまよりいただいたメッセージは、今後は4半期毎に掲載させていただきます。

ご支援の成果について

JAXAへの寄附金は、一定期間ごとに取りまとめて執行させていただきます。
寄附の使用実績については、本ホームページ上で公表いたします。

JAXA事業にお寄せ頂いた募集特定寄附金の使途について

お問い合わせ先

宇宙航空研究開発機構

総務部総務課(寄附金担当)
〒101-8008 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ
Tel: 050-3362-6700(受付時間 9:30~12:15、13:00~17:45)

PAGE TOP