ページの先頭です

寄附金

宇宙航空研究開発のさらなる発展のためにご支援をお願いします。

JAXAでは、宇宙航空研究開発を応援して下さる皆様のお気持ちを広く受け入れるため、寄附金の募集を行っております。
集まりました寄附金は、寄附者様が選択した事業に確実に活用し、宇宙航空分野の研究開発で日本が世界に伍し、同時に貢献していくための源泉とさせていただきます。
JAXAは、今後とも、経営理念である宇宙航空分野の研究開発を推進し、英知を深め、安全で豊かな社会の実現に貢献してまいります。
JAXA事業へ一層のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

寄附の方法

寄附の方法は、ご送金と募金箱へのご寄付の、2種類がございます。

ご送金

送金方法は、下記をご用意しております。

  • クレジットカード決済(VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス)
  • インターネットバンキング(Pay-easy)
  • 銀行等の窓口からのお振込

ご寄附はインターネット寄附金収納サービスをご利用してのご送金となります。下記のボタンをクリックし、必要情報をご入力下さい

寄附にご賛同いただける方はこちら
JAXAでは、株式会社エフレジが提供するインターネット寄附金収納サービスを導入しております。この先は、同社が運営する「F-REGI寄付支払い」のページに移行します。

寄附にあたっての注意事項

  • 寄附は1,000円単位とさせていただいております。
  • 寄附金控除の対象となります。
  • 受領書(領収書)について

受領書(領収書)の発行及び送付は、JAXAが入金を確認した後になります。また、受領書発行日はJAXAへの入金日となります。

  • ご寄附にあたっては、JAXAの寄附金受付けに係る関連規程および「寄附金についてのよくあるご質問」をご確認ください。

募金箱への寄附

以下のJAXA事業所の展示館やJAXA主催のイベント等で、募金箱による寄附を募集しております。
募金箱へのご寄附は現在募集中の事業すべてに充当させていただきます。

現在募集中の寄附金


最先端の宇宙科学研究をあなたがサポート

宇宙科学研究所は、宇宙の構造やその起源を追究すべく大気の外に出て行う天文観測、地球を含む太陽系の生い立ちを探る太陽系科学、微小重力環境等を利用してさまざまな実験を行う宇宙環境利用科学、これらの研究を支え、新たな宇宙への可能性を切り開く宇宙工学を中心に、宇宙科学の活動を充実させ、その範囲をさらに広げていきたいと考えています。
本事業へのご寄附は、人類の英知を深める世界最先端の宇宙科学研究活動や、現在運用中の探査機・科学衛星の活動に充当いたします。

ISS計画のその先へ、国際月探査計画に貢献する日本の得意技術 環境制御・生命維持システム(ECLSS)

宇宙空間できわめて貴重な水や空気。その再生技術は国際宇宙ステーション(ISS)での活動はもちろん、月惑星有人探査ミッション実現のカギとなる最重要課題の一つです。「きぼう」の開発・運用を通じて獲得した技術や、地上における環境浄化技術等を活用し、日本の独自技術により、水・空気の高再生化を目指します。
本事業へのご寄附は、地上での試験などに充当いたします。

空飛ぶエコ!
エミッションフリー航空機(CO2を出さない飛行機)

地球規模の社会問題である地球温暖化が懸念される中、CO2の抜本的な排出削減に向けて、電動モータの利用などにより、「CO2を排出しない(エミッションフリー)航空機」の研究を進めています。2015年には従来のエンジンを電動モータに換えた小型飛行機の飛行実証に成功しました。今後もさらに電動化技術などを発展させて、エミッションフリー航空機技術の研究を進めて参ります。
本事業へのご寄附は、環境に優しいエミッションフリー航空機の実現に向けた技術開発および飛行実証試験等に充当いたします。


イプシロンの進化をみんなでバックアップ

イプシロンはこれまで「特別」だった宇宙の敷居を下げ、誰もが積極的に宇宙を使える時代の実現を目指した固体ロケットです。組立・点検などの運用を効率化することでコンパクトな打ち上げシステムを構築しました。また、振動と音を小さくする工夫に加えて、ロケットから衛星が分離されるときの衝撃を抑える工夫をすることで、世界トップレベルの乗り心地を実現しました。平成30年度に打ち上げ予定の4号機では、新たな打ち上げ需要に対応するため、小型衛星、超小型衛星、キューブサットを複数同時に別の軌道に打ち上げられるシステムの開発を行っています。また今後、長期的な運用を視野に入れ、機体、地上システム、製造設備などの技術基盤においてH3ロケットとの共通化・最適化を進めるシナジー対応開発にも着手しております。
本事業へのご寄附は、上記開発に必要な費用に充当いたします。

「宇宙から未来をつくる」研究開発への挑戦

研究開発部門では、新しい「アイデア」と「技術」で新しい未来をつくるため、宇宙太陽光発電システムの研究や、宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去にかかる技術の研究を進めています。  本事業へのご寄付は、「宇宙から未来をつくる」研究開発事業へ充当いたします。

その他、現在募集中の事業すべてに寄附

いただいた寄附金は一定期間取りまとめて現在募集中の事業に充当いたします。

寄附金の活動報告

たくさんの応援をいただきまことにありがとうございます。いただきましたご支援を確実に宇宙航空研究開発に活かします。

寄附金額のご報告

平成30年度

  • 募金箱によるご寄附

2018年5月の募金合計額:73,242円
(2018年4月からの募金累計額 73,447円)

  • 募金箱以外の方法によるご寄附

2018年5月の寄附金合計額:164,000円
(2018年4月からの寄附金累計額 228,000円)

平成29年度

  • 募金箱によるご寄附

2018年3月の募金合計額:46,382円
(2017年4月からの募金累計額 947,006円)

  • 募金箱以外の方法によるご寄附

2018年3月の寄附金合計額:16,000円
(2017年4月からの寄附金累計額 3,794,451円)

平成28年度

  • 寄付金額合計 9,969,759円

(募金箱によるご寄附の累計:905,166円、
募金箱以外の方法によるご寄附の累計:9,064,593円)

寄附金とともにいただいたメッセージ(2018年1~3月)

  • フロンティアへの挑戦を応援しています。
  • 私は幼い頃に宇宙やロケットに憧れを抱きずっと注目を続けてきました。色々な問題から宇宙開発への道は諦めてしまいましたが、今も一ファンとして応援しています。打ち上げの度に歓喜し、時には内之浦や種子島まで観測に伺うこともあります。「日本の技術力が世界を~」等大きなことはとても自分には言えませんが、少なくとも皆様の技術や努力は、このしがない一ロケットファンの心の支えになっております。ぜひ、これからも頑張っていただきたいです。
  • 夢のある仕事を将来につなげて下さい。
  • これからもワクワクする未来を作っていってください。
  • 世界的な競争が激しい宇宙分野での日本の躍進に期待しております。自分がお役に立てれば幸いです。
  • 少ない額ですが何かのお役にたてればと思います
    自分も宇宙のことを知れば知るほどひきつけられ、なにか協力できればと思いました
    みなさん頑張ってください
  • 技術は宝です。いつからか宇宙やロケットに興味があり、映画でも技術的な描写の多いものを好んで観ており、特にロケットの打ち上げでは心が躍ります。これからもイプシロンの進化を祈念いたします。
  • 自分にできることは少ないですが、寄付の制度を知り、ちょこっとでも役に立てればと思い寄付することにしました。開発機構の皆様の活躍を願っています。
  • イプシロン応援します。
    宇宙への敷居は少しづつ下がっていると感じます。
  • こんな事しかできませんが、超絶応援してます!

*皆さまよりいただいたメッセージは、今後は4半期毎に掲載させていただきます。

ご支援の成果について

JAXAへの寄附金は、一定期間ごとに取りまとめて執行させていただきます。
寄附の使用実績については、本ホームページ上で公表いたします。

JAXA事業にお寄せ頂いた募集特定寄附金の使途について

お問い合わせ先

宇宙航空研究開発機構

総務部総務課(寄附金担当)
〒101-8008 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ
Tel: 050-3362-6700(受付時間 9:30~12:15、13:00~17:45)

PAGE TOP