ページの先頭です

鹿児島宇宙センター環境方針

環境方針

鹿児島宇宙センターは、ロケットの打ち上げ及びロケット・人工衛星との通信を行う拠点として、そのあらゆる事業活動を通して環境貢献に努め、次の事項を最重要と捉え、継続的な環境改善を推進する。

1. ロケット打ち上げ関連施設・設備の適切な運用、保全により、確実なロケットの打ち上げを実施し、資源・エネルギーの使用量削減に努めます。
2. 事業活動においては、二酸化炭素、窒素酸化物、イオウ酸化物の排出抑制のための電力の使用量削減、オゾン層破壊物質であるフロン及び温室効果ガスである代替フロンの使用量削減、森林資源保護のためのペーパーレス化促進を重点課題として取り組みます。
3. あらゆる事業活動に関する法的要求を遵守し、特に産業廃棄物、化学物質の適正管理に努めます。特にPCB含有機器の法定期限内処理に向けて、適切な対応を進めていきます。

2018年度は発電所燃費改善、執務室LED化・遮熱シート貼付、モバイル会議システム利用などに取り組み、一定の成果が得られています。今後も環境への配慮の意識を高く維持して業務に取り組みましょう。

2019年4月25日
鹿児島宇宙センター 所長 藤田 猛

PAGE TOP