ページの先頭です

プレスリリース

  • TOP>
  • プレスリリース>
  • 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の軌道計算結果及びクリティカル運用期間の終了について>
このエントリーをはてなブックマークに追加

惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の軌道
計算結果及びクリティカル運用期間の終了について

平成25年9月15日

宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の軌道計算を行った結果、以下の表に示す通り、所定軌道に投入されていることを確認しました。

(表)軌道計算結果
決定値 計画値
遠地点高度 1156.8km 1150km
近地点高度 946.8km 950km
軌道傾斜角 29.7deg 30deg
周期 106.2min 106min

 惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)が所定の軌道に投入されたとともに、太陽電池パドル展開、太陽捕捉等の重要なイベントが正常に終了したことから、クリティカル運用期間を終了いたします。

 今後、惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)による惑星観測に不可欠な高精度の姿勢制御機能等の確認を約2か月間かけて行う予定です。

 今回の惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の打上げ及び追跡管制にご協力、ご支援いただきました関係の皆様に深甚の謝意を表します。

PAGE TOP