ページの先頭です

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)の打上げについて

平成26年2月28日

宇宙航空研究開発機構
米国航空宇宙局

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)及び米国航空宇宙局(NASA)が開発した全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)は、日本時間2014年2月28日 午前3時37分に、H-IIAロケット23号機にて種子島宇宙センターから打ち上げられました。 GPM計画は、JAXA及びNASAが進める国際共同ミッションで、GPM主衛星と複数の副衛星群により、地球全体の降水(雨や雪)を一日に複数回、観測する計画です。今回打ち上げたGPM主衛星は、副衛星群による降水観測の基準となり精度を高める中心的な役割を担います。
 GPM主衛星は、NASAのゴダード宇宙飛行センターで組み立てられ、JAXAが情報通信研究機構(NICT)と共同で開発した二周波降水レーダ(DPR)とBall Aerospace & Technologies Corp.(米国コロラド州Boulder市)が開発したGPM マイクロ波放射計(GMI)の二つのミッション機器を搭載しています。DPRは、従来の衛星では観測出来なかった弱い雨から豪雨までを観測するとともに、雨滴や雪、氷粒子の大きさやそれらが雲の中でどのように分布しているのかといった降水の詳細な情報を得ることができます。また、GMIは、13の異なる周波数で降水の分布等を幅広く観測します。
 GPM主衛星は、軌道投入後に太陽電池パドルの展開を行いました。引き続き、通信の確保、姿勢制御を行った後、ミッション機器の立上げ及びチェックアウトを行い、打上げ約2ヶ月後から、定常的な降水観測を開始する予定です。GPM主衛星が観測するデータの精度確認を行った後、準リアルタイムで、それぞれのデータ提供システムにより、世界中の利用者に提供する予定です。
 GPM計画で取得されるデータによって、全球の降水をこれまでより正確に把握することができるようになり、台風の目の位置の推定や天気予報の精度向上、また、降水メカニズムや気候変動が降水に与える影響解明等地球科学研究に貢献します。日本においては、台風や豪雨による気象災害などへの防災対策へ幅広く利用されることが期待されています。また、アジア地域においては、雨量計等の地上の観測機器の整備が進んでいない地域の水災害対策に貢献することが期待されています。米国においても、GPMデータは、淡水資源や農作物収量評価のために、適時の情報を提供いたします。また、暴風雨構造や大規模な大気プロセスに対する新しい知見をもたらし、現状のハリケーンやブリザードの監視・予測能力を拡大することができます。

全球降水観測計画に関するより詳細な情報は、以下のURLをご参照ください。

PAGE TOP