ページの先頭です

プレスリリース

  • TOP>
  • プレスリリース>
  • 宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)の 国際宇宙ステーションとの結合について>
このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)の
国際宇宙ステーションとの結合について

平成27年8月25日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)は、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて最終接近を実施した後、8月24日19時29分(日本時間)にISSロボットアームにより把持されました。その後、8月25日2時28分(日本時間)にISSロボットアーム運用によりISSとの結合を完了しました。

 今後は、船外及び船内貨物がISSへ順次移送される予定です。



参考リンク:より詳細につきましては、次のインターネットアドレスをご覧ください。



理事長談話
宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)と国際宇宙ステーションとの結合成功について

 平成27年8月19日にH-IIBロケット5号機によって種子島宇宙センターから打ち上げられた宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)は、計画通り、先ほど、国際宇宙ステーション(ISS)と結合致しました。

 日本と米国の地上管制チームによる安定かつ着実な運用によって、定刻通りに「こうのとり」5号機がISSに到着したこと、油井宇宙飛行士の正確なロボットアーム操作による「こうのとり」の捕獲、NASAミッションコントロールセンターからの若田宇宙飛行士による的確な通信管制、これらの全てがつながり、ミッション達成という国際的期待に応えることができました。

 日本がこれまで培ってきたロボティクス技術、安定した運用技術、そして日本人宇宙飛行士、こういった日本の総合力によって、ISSの運用に重要な補給物資を計画通りに届けることができたことを国際協力プロジェクトの一員として誇りに思います。

 

 今後、届けられた物資や実験装置は、順次ISS内に移送され、実験機器の設置、実験が始まります。「こうのとり」5号機の9月下旬のISS分離及び大気圏再突入運用についても、着実に成功させるべく取り組んでまいります。

平成27年8月25日
宇宙航空研究開発機構
理事長 奥村 直樹

PAGE TOP