ページの先頭です

プレスリリース

  • TOP>
  • プレスリリース>
  • X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)のクリティカル運用期間の終了について>
このエントリーをはてなブックマークに追加

X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)のクリティカル運用期間の終了について

平成28年2月29日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)について、冷却システムの立上げ、軟X線分光検出器(SXS :Soft X-ray Spectrometer)の試験動作、伸展式光学ベンチ(EOB :Extensible Optical Bench)の伸展など、重要なシーケンスが正常に実施されたことを確認しました。これによりクリティカル運用期間(※1)を終了します。

 現在、衛星の状態は正常です。

 打上げ後2月17日よりSXSの冷却システムを試験運用のため動作させ、2月22日、絶対温度50ミリ度(摂氏マイナス273.1度)に到達したことを確認しました。

 今後、衛星搭載機器の初期機能確認を約1ヶ月半、その後キャリブレーション(較正)観測(※2)を約1ヶ月半かけて実施する予定です。

 この度のX線天文衛星「ひとみ」の打上げ及び追跡管制にご協力、ご支援頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。



(※1) クリティカル運用期間
 ロケットから衛星が分離した後、衛星の太陽電池パドル等の展開、姿勢制御機能、冷却システム立上げ完了、EOB伸展及び衛星を追跡管制する地上系設備の機能の確認など、衛星の一連の健全性を確立するまでの期間。
(※2) キャリブレーション(較正)観測
 衛星に搭載された観測機器の個性を把握し、観測精度を高めるために、これまでによく観測されてきた天体などを観測すること。


PAGE TOP