ページの先頭です

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラブ首長国連邦宇宙機関との機関間協定の締結について

平成28年3月22日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下「JAXA」)理事長 奥村直樹と、アラブ首長国連邦宇宙機関(United Arab Emirates Space Agency:以下「UAESA」)総裁 カリファ・ムハンマド・タニ・アル・ルメイシ(H.E Dr. Khalifa Mohammed Thani Al-Romaithi)は、平成28年3月22日、JAXAとUAESA間の今後の協力を推進するため、アラブ首長国連邦アブダビにおいて、機関間協定を新たに締結いたしましたのでお知らせします。

 UAEとJAXAは、2013年に打ち上げられたUAEの地球観測衛星「ドバイサット2」にJAXAのマイクロ波放電式中和器を搭載するなど、協力関係を築いてきました。UAEでは、2014年にUAESAが新しく設立され、火星探査ミッション計画を発表するなど積極的に宇宙活動に取り組んでいます。本協定を締結することで、JAXAがこれまで培った宇宙開発利用の技術・人材を活用し、互恵的な協力関係の構築を目指します。今後、宇宙活動に関する研究開発・利用、国際宇宙ステーション「きぼう」の利用、人材育成等の分野で相互協力を深めるため、協議を進めていきます。

 なお本協定は、藤木駐UAE日本国大使のご臨席のもと、JAXA理事長とUAESA総裁により署名式が行われました。

関連リンク

PAGE TOP