ページの先頭です

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)の
衛星状態について

平成29年12月23日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成29(2017)年12月23日10時26分22秒(日本標準時)に種子島宇宙センターからH-IIAロケット37号機で打上げられた気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)の信号を、同日10時44分(日本標準時)からオーストラリアのミンゲニュー局で受信し、太陽電池パドルの展開が正常に行われたことを確認しました。続いて、11時18分(日本標準時)からチリのサンチアゴ局で受信し、衛星の地球捕捉制御について正常に行われたことを確認しました。
 なお、取得した太陽電池パドルの展開後画像データは、JAXA ウェブサイト内の特設サイトにて公開する予定です。


今後のお知らせ予定(日本標準時)
  • 12月23日15時00分頃 超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)の衛星状態について
  • 12月24日02時00分頃 「しきさい」及び「つばめ」のクリティカル運用期間(※1)の終了について
※1 クリティカル運用期間
ロケットからの衛星分離後の太陽電池パドル展開、定常状態で使用する機器の立上げを実施した後、姿勢制御系を定常運用で使用する制御モードに移行するまでの期間。

関連リンク

PAGE TOP