ページの先頭です

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu到着について

平成30年6月27日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu(リュウグウ)への到着を確認しましたのでお知らせします。
 JAXAは平成30(2018)年6月27日の「はやぶさ2」の運用において、「はやぶさ2」の化学推進系スラスタを噴射して軌道制御の運用を行いました(※)。

JAXAは、「はやぶさ2」から取得したデータから、

  • ・「はやぶさ2」の化学推進系スラスタの噴射が予定通り行われたこと
  • ・「はやぶさ2」と小惑星リュウグウとの距離が約20kmであること
  • ・「はやぶさ2」が小惑星リュウグウとの距離を維持できていること
  • ・「はやぶさ2」の状態が正常であること

 を確認しました。これにより、「はやぶさ2」が9時35分(日本時間)に小惑星リュウグウに到着したことを確認しました。

 今後は小惑星リュウグウの科学観測、試料採取へ向けた調査など探査活動を行う予定です。

(※) 6月27日の「はやぶさ2」運用時間:6月27日7時00分~6月27日15時00分(日本標準時)。化学推進系スラスタの噴射は、6月27日の運用中に予め探査機に送信したコマンドプログラムのタイムシーケンスの中で自動的に行われました。

参考

ONC-Tによって撮影されたリュウグウ。

ONC-Tによって撮影されたリュウグウ。2018年6月26日の12時50分(日本時間)頃の撮影。

ONCチーム(画像クレジット):
JAXA、東京大学、高知大学、立教大学、名古屋大学、千葉工業大学、明治大学、会津大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所
(クレジットを短縮する必要がある場合は「JAXA、東京大学など」としてください。)
化学推進系スラスタの「はやぶさ2」における位置

化学推進系スラスタの「はやぶさ2」における位置

 上記の赤丸に示したとおり、「はやぶさ2」には化学推進系スラスタが計12基搭載されている。 小惑星リュウグウ到着に際しては+Z軸方向に2.9cm/sの噴射を行った。



PAGE TOP