ページの先頭です

プレスリリース

  • TOP>
  • プレスリリース>
  • 火星衛星探査計画に関するフランス国立宇宙研究センター(CNES)およびドイツ航空宇宙センター(DLR)との共同声明について>
このエントリーをはてなブックマークに追加

火星衛星探査計画に関するフランス国立宇宙研究センター(CNES)および
ドイツ航空宇宙センター(DLR)との共同声明について

平成30年10月3日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10月3日、フランス国立宇宙研究センター(CNES)およびドイツ航空宇宙センター(DLR)と、現在JAXAで検討中の火星衛星探査計画(略称:MMX)における協力に関する共同声明を発表いたしました。

小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載したDLR、CNES共同開発の小型着陸機“MASCOT”の次のステップとして、MMX探査機に搭載する小型着陸機についてJAXA、CNES、DLR間で共同検討した結果、今般、CNESとDLRにて共同開発する事が合意されました。

共同声明発表者

  • JAXA理事長山川 宏
  • CNES総裁ジャン=イヴ・ル・ガル
  • DLR長官パスカール・エーレンフロイント

DLR長官 パスカル・エーレンフロイント(左)、JAXA理事長 山川 宏(中央)、CNES総裁 ジャン=イヴ・ル・ガル(右)

PAGE TOP