ページの先頭です

プレスリリース・記者会見等

  • TOP>
  • プレスリリース・記者会見等>
  • 「G-SATELLITE(ジーサテライト) 宇宙へ」に参画 ~東京2020参画プログラム「ONE(ワン)TEAM(チーム)PROJECT(プロジェクト)」と特別コラボ~>
このエントリーをはてなブックマークに追加

「G-SATELLITE(ジーサテライト)宇宙へ」に参画
~東京2020参画プログラム「ONE(ワン)TEAM(チーム)PROJECT(プロジェクト)」
と特別コラボ~

2019年(令和元年)5月15日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)が推進している東京2020参画プログラムの「ONE TEAM PROJECT」に参加しています。「宇宙から東京2020エール!」企画第2弾は「G-SATELLITE 宇宙へ」です。
 JAXAは東京大学と協力して、東京2020大会への応援メッセージを宇宙から地球に向けて発信します。

 「G-SATELLITE 宇宙へ」において、東京大学は「機動戦士ガンダム」のガンダム及びシャアザクを搭載した超小型衛星「G-SATELLITE」を開発します。また「G-SATELLITE」は、2020年3月~4月頃(予定)に国際宇宙ステーション(ISS)きぼう日本実験棟から宇宙空間へ放出される予定です。東京2020大会の期間前から期間中に、地球周回中の「G-SATELLITE」から応援メッセージが発信される予定です。

(参考) 「宇宙から東京2020エール!」企画第1弾は漫画「宇宙兄弟」とコラボし、小山宙哉氏書き下ろしの「東京2020応援パラパラ漫画」で宇宙から地球にエールを届けました。
https://participation.tokyo2020.jp/jp/oneteam/07_01.html
本企画のキービジュアル

本企画のキービジュアル ©Tokyo2020 ©創通・サンライズ

超小型衛星「G-SATELLITE」について

 ISSから超小型(10cm×10cm×30cm)の衛星「G-SATELLITE」を放出します。衛星に搭載するガンダム、シャアザクの「ガンプラ」は、宇宙空間へ放出される際にはコックピットに格納されています。「G-SATELLITE」が地球周回軌道に乗った後、コックピットが展開し、宇宙空間に現れる機構となっています。過酷な宇宙環境に対応できる素材と塗料を使用したガンダム、シャアザクの「ガンプラ」は、足元にメッセージを表示する電光掲示板を搭載し、目はオリンピックカラーの5色に変化します。また、その様子を撮影するために、超小型衛星「G-SATELLITE」には7台ものカメラが設置されます。
 ※既に昨年地球周回軌道上で正常動作を確認した衛星がベースとなります。

超小型衛星「G-SATELLITE」イメージ図

超小型衛星「G-SATELLITE」イメージ図 ※計画段階 ©中須賀船瀬研

今後のスケジュール(予定)

2019年秋 JAXAに完成した超小型衛星「G-SATELLITE」を引き渡し
2019年12月 第2回記者会見
超小型衛星「G-SATELLITE」およびガンダム、シャアザクのさらなる機能や宇宙空間から実施する東京2020大会応援企画の詳細を発表
2020年3月 超小型衛星「G-SATELLITE」を補給船に積みISSへ打ち上げ
2020年3~4月 超小型衛星「G-SATELLITE」をISSから放出

※打ち上げ・放出スケジュールは、ISSの計画によって前後することがあります。

「ONE TEAM PROJECT」について

 日本を代表するクリエイターやイノベーター(アーティスト、作家、漫画家、映画監督、学者等)ご協力の下、東京2020大会を盛り上げるプロジェクトです。

PAGE TOP