ページの先頭です

プレスリリース・記者会見等

このエントリーをはてなブックマークに追加

JAXA野口聡一宇宙飛行士の
国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の準備状況について

2019年(令和元年)7月23日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 野口聡一宇宙飛行士は、現在ISSでの長期滞在に向けた準備・訓練を実施しており、ソユーズ59Sの打ち上げ成功に伴ってバックアップクルー業務を解除されたところ、現在米国が開発を進めている米国有人宇宙船(United States Crew Vehicle:USCV)に搭乗してISSへ向かうための訓練を開始することとなりましたのでお知らせいたします。

 搭乗機体および打ち上げ時期が決定しましたら改めてお知らせいたします。

 なお、現時点の予定であり、今後のUSCV開発等のスケジュールの見直し等により、変更となる可能性があります。

【野口聡一宇宙飛行士のコメント】

日本人宇宙飛行士として初めてとなる、新型宇宙船に搭乗する機会を与えて頂き大変光栄です。宇宙飛行の歴史的な転換点に立ち会うことになり、その任務の重大さに身が引き締まる思いです。新型宇宙船開発、そして打ち上げ成功までにはまだまだ困難が予想されますが、これまで以上に訓練に真摯に臨み、宇宙に憧れる次の世代に夢を繋げたいと思います。
最後に、これまで長年にわたり温かい声援を送ってくださった方々に心から感謝するとともに、今後ともご支援をお願いしたく、改めましてよろしくお願い申し上げます。

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
宇宙飛行士 野口 聡一

PAGE TOP