ページの先頭です

プレスリリース・記者会見等

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きぼう」ロボットプログラミングチャレンジへの
参加募集開始について

2019年(令和元年)10月11日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション・「きぼう」日本実験棟において、JAXAとNASAのISS船内ドローン※1を使用したプログラミング競技会を開催します。
 本競技会は、2020年春頃に予選(地上)、2020年秋頃に本戦(「きぼう」船内)を行う予定で、本日(10月11日)から2020年3月19日17時(日本時間)まで参加者を以下のウェブサイトで募集します。

【募集対象※2
日本を含むKibo ABC加盟国の大学院生までの学生

 本競技会では、参加者がISS船内ドローンを動かすプログラムを作成し※3、「きぼう」船内で与えられた課題をクリアしながら、その時間や課題対応力について競うものです。
 なお、本活動は、日米オープン・プラットフォーム・パートナーシップ・プログラム(JP-US OP3)を通じた日米協力による「きぼう」アジア利用の拡大を目的に、JAXAとNASAが協力し、日本及びアジア太平洋地域の学生に対して、宇宙でのロボット操作やコンピュータプログラミングに関する教育機会を提供するものです。

※1 宇宙飛行士の作業代替・支援を目指す自律飛行型のロボット(写真撮影など)
※2 Kibo ABCは、アジアにおける宇宙環境利用を推進する活動であり、本競技会への参加は、各国の宇宙機関を通じて応募する必要がある。
※3 参加者はJAXAとNASAが提供するプログラミング開発環境を利用して、ISS船内ドローンが自律的に動作するプログラムを作成する。

関連リンク

PAGE TOP