ページの先頭です

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

だいち2号による御嶽山の緊急観測結果の提供について

平成26年9月30日

宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成26年5月に打ち上げた陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)により、9月27日に噴火した御嶽山の緊急観測を行い、噴火により発生した窪みや降灰堆積の様子を捉えました。(別紙図1、図2参照)
 観測は、JAXAと防災関連機関との間の、災害に関する衛星情報提供協力の枠組みにより、火山噴火予知連絡会(事務局:気象庁)及び内閣府(防災担当)からの要請により行い、取得したデータを噴火前後の地形変化や降灰状況の確認などのために提供しました。

 JAXAでは引き続き防災関連機関と連携しながら、御嶽山の観測を継続する計画です。

(別紙)

 図1は御嶽山の山頂付近を「だいち2号」に搭載されたLバンド合成開口レーダ(PALSAR-2)で、噴火が発生する前の先月8月18日に観測した画像(右)と、噴火後の9月29日に観測した画像(左)の比較になります。PALSAR-2はLバンド(1.2GHz帯)という波長が長い電波により観測するので、同レーダにより噴煙を透過して火口の様子を捉えることができます。噴火後の画像では、噴火前には無かった長さ210メートル、幅70メートルほどの窪みができている様子を捉えました。これは、今回新たに形成された噴出口(火孔)と思われます。

図1:御嶽山山頂付近の噴火前後の比較画像。(左:噴火後 画像 右:噴火前 画像)
黄色○で囲まれた部分に噴火前には無かった窪地が認められます。

 図2は、8月18日と9月29日の御嶽山山頂部を同じ軌道から観測した画像の変化を抽出したものです。変化したところは紫に色付けされており、衛星画像においても御嶽山山頂の火口の周辺に降灰堆積が多く分布することが推察されます。

図2:PALSAR-2による御嶽山山頂の降灰堆積(紫に見えるところ)。 観測は,昇交軌道
(日本上空を南から北に移動する観測機会)であり,観測は右向き(西から東)に行った。




PAGE TOP