ページの先頭です

プレスリリース

  • TOP>
  • プレスリリース>
  • 小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)の クリティカル運用期間の終了について>
このエントリーをはてなブックマークに追加

小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)の
クリティカル運用期間の終了について

平成26年12月5日

宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」について、小惑星表面から試料を採取するサンプリング装置ホーン部の伸展、イオンエンジンの方向を制御するジンバルの打上時保持機構(ロンチロック)解除、探査機の3軸姿勢制御機能、並びに地上の精密軌道決定システムの機能確認など、重要なシーケンスが正常に実施されたことを確認いたしました。これによりクリティカル運用期間(※)を終了いたします。

 なお、サンプリング装置ホーン部伸展につきましては、多くの皆さまより「はやぶさ2」宛てにいただきましたご寄附で製作・搭載いたしました小型モニタカメラの取得画像(別紙参照)にて確認ができました。改めまして、ご寄附に対し深く感謝し、心から御礼申し上げます。

 現在、探査機の状態は正常です。

 今後、探査機搭載機器の初期機能確認を約3ヶ月間かけて実施する予定です。

 この度の小惑星探査機「はやぶさ2」の打上げおよび追跡管制にご協力、ご支援頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。また、長期にわたる「はやぶさ2」の宇宙探査ミッションに対し、引き続きお力添えを賜りたくお願い申し上げます。

(※) クリティカル運用期間
ロケットから探査機が分離した後、探査機の太陽電池パネル等の展開、姿勢制御機能及び探査機を追跡管制する地上系設備の機能の確認など、一連の健全性を確立するまでの期間

*「はやぶさ2」の運用に関する情報につきましては、JAXAウェブ はやぶさ2特設サイトにてご覧いただけます。



【別紙】 サンプリング装置ホーン部の伸展確認画像

ご寄附で製作・搭載した小型モニタカメラで撮像したサンプリング装置ホーン部
(この画像は「はやぶさ2」無線局の試験電波データ転送により取得した試験画像となります。)

ご寄附で製作・搭載した小型モニタカメラ





ロケット衛星分離部に結合された「はやぶさ2」と収納状態の
サンプリング装置ホーン部





PAGE TOP