ページの先頭です

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最高水準の全世界標高データ(30m版)の無償公開について

平成27年5月18日

宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による観測画像を用いて整備した、全世界の陸地の起伏を水平方向30mの細かさで表現できる標高データセット(30mメッシュ版)の無償公開を開始します。今回、日本を含む東アジア、東南アジア域から公開を開始し、順次、全世界の陸地(緯度82度以内)に拡大する予定です。(別紙1.参照)
 今回、公開するデータセットは、全世界規模で整備される標高データセットとして現時点で世界最高精度を持つ「全世界デジタル3D地形データ」(別紙3.参照)の標高データセット(5mメッシュ版)をベースとして作成しており、30mメッシュ版としての高さ精度も世界最高水準です。本データセットは、科学研究分野や教育、地理空間情報を活用した民間サービス等での利用が期待されています。(別紙2.参照)

関連ページ

(※補足)
「全世界デジタル3D地形データ」プロジェクトは、「だいち」観測画像の約300万枚を用いて全世界の陸地の標高(5mメッシュ)と画像(2.5mメッシュ)のデータセット整備と、これを用いた地理空間情報サービスの展開を進めるものです。データ提供はNTTデータより行われています。




別紙

1. PRISM全世界標高データ(30mメッシュ版)当初公開範囲(黄色四角)

2. PRISM全世界標高データの利用例(想定) ※いずれもDSMに「だいち」衛星画像を重ね合わせて利用した例

(a) 河川流出解析やハザードマップの基盤情報
  図中の青塗りされた部分が、河川自体または浸水が予想されるエリア(薄い青ほど水深が深い)
(b) 津波危険度シミュレーション
  図中の青塗りされた部分が、一定条件下において、津波が到達すると予想されるエリア。
(c) 地形判読や解析
(d) 3D模型を使った教育分野
公開データの例(東京都)
(a) 公開する全世界標高データ(30mメッシュ版)
(画像をクリックして拡大表示)
(b) PRISM全世界標高データ(5mメッシュ版)
(画像をクリックして拡大表示)
(c) 同じエリアの「だいち」衛星画像(参考)
(画像をクリックして拡大表示)

3. 「デジタル3D地形データ」とは

 地表の3次元座標値(水平位置と高さ)が記録されたデータのことで、水平位置を示す正射投影画像と高さを示す数値標高データの2種類のデータで構成されます。正射投影画像とは、上空から撮影された画像の地形にともなう歪みを除去し、正しい位置情報が付与された画像のことです。
 JAXAが整備するデジタル3D地形データの数値標高モデルには、「だいち」のPRISMが取得した画像の中から雲が少ない約300万枚を活用して、世界で初めて5m解像度(正射投影画像は2.5m)という細かさと、5mの高さ精度で世界中の陸地の起伏を表現しています。
 なお、これまで全世界規模で整備された同様の数値標高モデルには、米国が2000年にスペースシャトルを用いて観測したデータによる90mメッシュのもの(2003年に第一版公開,2014年から30mメッシュの公開を開始)と、米国と日本(経済産業省)が共同で2000年から観測した衛星画像による30mメッシュのもの(2009年に第一版公開)があり広く利用されています。




PAGE TOP