ページの先頭です

プレスリリース

  • TOP>
  • プレスリリース>
  • H-IIAロケット29号機(高度化仕様)による通信放送衛星Telstar 12 VANTAGEの打上げ結果について>
このエントリーをはてなブックマークに追加

H-IIAロケット29号機(高度化仕様)による
通信放送衛星Telstar 12 VANTAGEの
打上げ結果について

平成27年11月24日

三菱重工業株式会社
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 三菱重工業株式会社および国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターから平成27年11月24日15時50分00秒(日本標準時)に、カナダの通信放送衛星Telstar 12 VANTAGEを搭載したH-IIAロケット29号機(H-IIA・F29)を打ち上げました。
 ロケットは計画通り飛行し、打上げ後約4時間27分にTelstar 12 VANTAGEを正常に分離した事を確認しました。
 また、JAXAが開発した高度化仕様の第2段機体を適用し、長時間慣性飛行や第2段エンジン再々着火を実施することで、従来よりも、衛星をより静止軌道に近い軌道に投入しました。



 今回のH-IIAロケット29号機打上げ実施にご協力頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。  なお、ロケット打上げ時の天候は晴れ、北東の風(8.6m/s)、気温22.0℃でした。



※ 本情報につきましては、次のURLでもご覧頂けます。




PAGE TOP