ページの先頭です

プレスリリース

  • TOP>
  • プレスリリース>
  • トルコ共和国 運輸海事通信省とのきぼう利用に関する協力合意の締結について>
このエントリーをはてなブックマークに追加

トルコ共和国 運輸海事通信省とのきぼう利用に関する
協力合意の締結について

平成28年9月9日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下「JAXA」)理事(国際協力担当)山浦雄一と、トルコ共和国 運輸海事通信省 航空宇宙総局長 ジハン・カンルギョス(Dr. Cihan Kanlıgöz)は、平成28年9月8日 JAXAとトルコ間の今後の宇宙協力を具体化し推進するため、トルコ共和国 アンカラにおいて、きぼう利用に関する協力合意を新たに締結いたしましたのでお知らせします。

 協力の内容は、きぼうからの超小型衛星(CubeSat)の放出及び船外実験プラットフォームに取り付ける簡易曝露実験装置(ExHAM)を利用した材料曝露実験機会の提供です。本協力合意を締結することで、JAXAがこれまで培った宇宙開発利用の経験、技術を活用し具体的な協力関係の構築を目指します。今後、トルコ共和国が目指す宇宙機関の設立に向けた支援、人材育成等の分野で相互協力を深めるため、協議を進めていきます。

 なお、アンカラで行われた本協力合意の署名式には、内閣府 鶴保庸介特命担当大臣及びトルコ共和国 アフメット・アルスラン運輸海事通信大臣も臨席されました。

協力合意に署名し握手するJAXA山浦理事(右)とトルコ運輸海事通信省 カンルギョス局長(左)

【参考: JAXAとトルコ運輸海事通信省の連携協力の概要】
連携期間 平成28年9月8日から平成32年12月31日
連携範囲 (1)CubeSat(3U)の放出
(2)簡易曝露実験装置(ExHAM)を用いた材料実験
役割分担 JAXA;実験機会の提供、実験運用
トルコ運輸海事通信省;CubeSat及び材料サンプルの開発・準備、実験成果の解析・とりまとめ

PAGE TOP