ページの先頭です

プレスリリース

  • TOP>
  • プレスリリース>
  • 宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)の国際宇宙ステーションとの結合について>
このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)の
国際宇宙ステーションとの結合について

平成28年12月14日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)は、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて最終接近を実施した後、12月13日19時39分(日本時間)にISSロボットアームにより把持されました。その後、12月14日3時24分(日本時間)にISSロボットアーム運用によりISSとの結合を完了しました。

 今後は、船外及び船内貨物がISSへ順次移送される予定です。

参考リンク: より詳細につきましては、次のインターネットアドレスをご覧ください。

理事長談話
宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)と
国際宇宙ステーションとの結合成功について

 平成28年12月9日にH-IIBロケット6号機によって種子島宇宙センターから打ち上げられた宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)は、計画通り、先ほど、国際宇宙ステーション(ISS)と結合致しました。

 「こうのとり」6号機は、日本製のリチウムイオン電池を使用した新型のISSバッテリや、宇宙飛行士の飲料水・食料等、ISS運用に欠かせない物資を搭載しています。また、放出数を倍増した衛星放出機構と超小型衛星など、「きぼう」の利用物資も搭載しています。ISSの運用と利用に資する物資を「こうのとり」運用管制チームの着実な運用によって確実に届け、国際パートナーからの期待にも応えることができたことを大変誇らしく思います。

 今後、ISSへの係留中には、新型ISSバッテリの取付が行われ、ISSからの分離後には、スペースデブリの除去に関わる実証実験「KITE(カイト)」が予定されています。補給物資を運ぶだけでなく未来につながる技術開発にも貢献する「こうのとり」6号機のミッションを、大気圏再突入運用まで着実に成功させるべく取り組んでまいります。

平成28年12月14日
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
理事長 奥村 直樹

PAGE TOP