ページの先頭です

プレスリリース・記者会見等

このエントリーをはてなブックマークに追加

観測ロケットS‐310-45号機実験の実施について

2019年(令和元年)11月20日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、観測ロケットS-310-45号機実験につきまして、下記の通り実施することをお知らせいたします。

実験期間 :2020年(令和2年)1月8日(水)~2020年(令和2年)1月31日(金)(実験予備期間を含む)
実験場所 :内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝属郡肝付町)
打上げ予定ロケット :S-310-45号機
実験予定日 :2020年(令和2年)1月8日(水)17:00~17:30(日本標準時)
実験概要 :観測ロケットのユーザニーズに応えるための搭載部高機能化を目指した
(1)高精度ペイロード部姿勢制御技術(慣性プラットフォーム)と
(2)ロケットから離れた位置のその場観測技術(小型プローブバス技術)の実証実験を主な目的としています。


PAGE TOP