ページの先頭です

プレスリリース・記者会見等

このエントリーをはてなブックマークに追加

観測ロケットS-310-45号機 打上げ結果について

2020年(令和2年)1月9日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2020年(令和2年)1月9日(木)、「高精度ペイロード部姿勢制御技術(慣性プラットフォーム)」と「ロケットから離れた位置のその場観測技術(小型プローブバス技術)」の実証実験を目的とした観測ロケットS-310-45号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げました。

 ロケットは正常に飛翔し、内之浦南東海上に落下しました。

ロケット飛翔結果
ロケット機種・号機 打上げ時刻
(日本標準時)
発射上下角 最高到達高度 着水時刻
S-310-45 17時00分00秒 75.5度 131km(打上げ178秒後) 打上げ352秒後

 なお、打上げ時の天候は晴れ、南西の風2.0m/秒、気温12.9℃でした。

 これをもちまして、観測ロケットS‐310‐45号機実験は終了となります。
 今回の観測ロケットS-310-45号機打上げ実施にご協力頂きました関係各方面に、深甚の謝意を表します。

PAGE TOP