ページの先頭です

超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS) トピックス

トピックス一覧

2017年12月24日 更新
「しきさい」「つばめ」のクリティカル運用期間が無事終了!初期機能確認へ!

「しきさい」「つばめ」のクリティカル運用期間が無事終了!初期機能確認へ!

12月23日(土)に種子島宇宙センターから打ち上げられた「しきさい」(GCOM-C)と「つばめ」(SLATS)は、姿勢制御系が定常状態に移行し安定していることを確認しました。軌道に投入後、太陽電池パドルの展開が正常に行われ、そのほか重要なイベントを正常に終え、クリティカル運用期間を終了しました。
今後、初期機能確認運用期間へ移行し、約3ヶ月半かけて衛星搭載機器が宇宙空間で正しく動作するかを確認します。
地球観測衛星特設サイトでは、H-IIAロケット37号機の打ち上げ写真を募集しています。また、Twitterからも「#h2a打ち上げ写真」をつけてツイートをお願いします。みなさんからのH-IIAロケット37号機の写真をお待ちしております!

2017年12月23日 更新
「しきさい」「つばめ」/H-IIAロケット37号機、打ち上げ成功!

「しきさい」「つばめ」/H-IIAロケット37号機、打ち上げ成功!

12月23日(土)10時26分22秒(日本時間)に、「しきさい」(GCOM-C)と「つばめ」(SLATS)を搭載したH-IIAロケット37号機が、種子島宇宙センターから打ち上げられました。
ロケットは正常に飛行し、打ち上げから約16分13秒後に「しきさい」(GCOM-C)を、続いて約1時間47分59秒後には、「つばめ」(SLATS)を正常に分離したことを確認しました。
今後「しきさい」は、通信の確保、姿勢制御を行った後、SGLIをはじめとするミッション機器の電源投入を行う予定です。 地球観測衛星特設サイトでは、H-IIAロケット37号機の打ち上げ写真を募集しています。また、Twitterからも「#h2a打ち上げ写真」をつけてツイートをお願いします。みなさんからのH-IIAロケット37号機の写真をお待ちしております!

2017年7月14日 更新
超低高度衛星技術試験機(SLATS)の愛称は「つばめ」

超低高度衛星技術試験機(SLATS)の愛称は「つばめ」

超低高度衛星技術試験機(SLATS)の愛称を約1ヵ月間にわたり募集し、同時募集のGCOM-Cとあわせて12,895件ものご応募をいただきました。
選考の結果、SLATSの愛称を「つばめ」に決定いたしました。たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。
選考理由は「細長い機体に太陽電池パドルをつけて超低高度を飛行するSLATSの姿が、ツバメが低空飛行する姿と重なり、SLATSミッションを的確に連想させる愛称である」ためです。
「つばめ」とご提案いただいた方全員に8月以降に記念品を送付する予定です。
これからも、超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)のプロジェクトにご注目ください。



2017年6月2日 更新
SLATSの分離衝撃試験、振動試験を実施

SLATSの分離衝撃試験、振動試験を実施

超低高度衛星技術試験機「SLATS」は、2017年4月11日に「分離衝撃試験」を、4月25日から5月12日にかけては「振動試験」を行い、どちらの試験も無事に終了しました。
人工衛星の試験では、ロケット打ち上げの際の振動や分離時の衝撃により衛星システムに問題が起きないかを、今回のような分離衝撃試験や振動試験を実施して確認します。

写真:「SLATS」がロケットから分離するまで格納されるSLATS搭載アダプタの下部と共に映っています。ロケットの打ち上げ時には、この上にSLATS搭載アダプタの上部がかぶさり、その上に気候変動観測衛星「GCOM-C」が取り付けられます。

今年度の打ち上げに向けて、「SLATS」は今後、熱真空試験・最終電気試験・推進系試験などを実施していきます。



2017年4月25日 更新
GCOM-CとSLATSの「愛称」を同時募集します

GCOM-CとSLATSの「愛称」を同時募集します

JAXAは、気候変動観測衛星「GCOM-C」と超低高度衛星技術試験機「SLATS」を、2017年度にH-IIAロケットで同時に打ち上げる予定です。皆さまにこの二つの衛星に対して親しみを持っていただくため、人工衛星の愛称を募集します。
選定愛称をご提案いただいた方には認定証および記念品をお送りする他、抽選で種子島宇宙センターでのGCOM-C及びSLATSの打ち上げ見学にご招待します。応募要領をご覧のうえ、ご応募ください。



PAGE TOP