ページの先頭です

第26回アジア太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF-26)開催結果について

JAXAは、文部科学省と共催で「第26回アジア・太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF-26)」を開催しました。開催結果概要は以下のとおりです。

【開催期間】2019年11月26日~29日
【会場】名古屋コンベンションホール
【テーマ】「新たな宇宙時代を拓く多様な繋がりの発展」

今年は、アジア各国の宇宙機関から機関長7名及び副長官級2名の合計9名が出席するとともに、宇宙政策担当省庁のハイレベルからの出席、民間企業やアカデミアなど様々な業界からの出席を得て、31か国・地域、9国際機関から469名が参加しました。

会議の成果文書として、この先25年を見据え、今後10年間の取り組みの方向性を示した「APRSAF名古屋ビジョン」を採択し、以下4つの目標に取り組むことを確認しました。

(1) 広範な地上課題の解決の促進
(2) 人材育成や科学技術力の向上
(3) 地域の共通課題に対する政策実施能力の向上
(4) 地域のニュープレイヤの参画促進と多様な連携の推進

今回の会議では、衛星データの利用促進の面では、アジア太平洋地域の衛星を持つ国々がデータを提供し合い、多国間で利用可能にする取組みを推進、この地域の主要産業である農業分野の管理等での利用を推進するプログラムを立ち上げました。これまで二国間で取り組んでいたものを、多国間の枠組みとし、多様な衛星データを利用可能にすることで、衛星データの持続的利用と利用者ニーズに合った情報提供をさらに推進する予定です。

また高度な知見を有する人材育成の面では、将来宇宙の分野で指導的役割を果たす人材を育成する特別留学プログラムをJICAと協力して立上げました。地域全体の科学技術力の向上に繋がっていくことを期待しています。

次回APRSAF-27は、ベトナム国家宇宙センター、MEXT、JAXAの共催で、2020年11月(※開催期間は4日間を予定)に開催予定です。
引き続きたくさんのご来場をお待ちしています。

APRSAF-26 集合写真

萩生田文部科学大臣による歓迎挨拶
ビデオメッセージ

井上博文 トヨタ先進技術開発カンパニー
先進プロジェクト推進部部長による基調講演

APRSAF25年間の歴史

アジア太平洋宇宙活動セッション

宇宙探査セッション

宇宙の安定的な利用に向けた取組み
セッション

Global x Regionalセッション

宇宙機関長 x 次世代の対話セッション

持続可能な社会の構築に向けた
革新的パートナーシップセッション

ラウンドテーブル

宇宙利用分科会

宇宙技術分科会

宇宙環境利用分科会

宇宙教育分科会

宇宙政策実務者ワークショップ

宇宙産業フォーラム(Day1)

宇宙産業フォーラム(Day2)

参考:

より詳細な結果概要はこちらをご覧ください。

PAGE TOP