ページの先頭です

地球観測衛星「Aqua」/改良型高性能マイクロ波放射計(AMSR-E) トピックス

トピックス一覧

2013年12月2日 更新
AMSR-E低速回転データを公開

 AMSR-E低速回転データを公開

AMSR-Eは回転摩擦の増大により2011年10月4日(UTC)に観測及び回転を自動的に停止しました。その後NASAとJAXAは状況の解析を始めるとともに、AMSR-Eの観測を再開させる方法を模索してきました。そして2012年12月4日(UTC)に、AMSR-Eは低速(毎分2回転)での回転及び観測を再開しました。JAXAは低速回転データに対するラジオメトリック及び幾何学的な初期補正を完了したため、AMSR-E低速回転データを公開します。このデータは、AMSR-Eを他の放射計と相互校正するユーザや、低速回転による新しい特徴を利用した研究を試みるユーザ等に有用なものです。 このデータはJAXAの標準プロダクトではありません。一般的なユーザ向けには、AMSR2の標準プロダクトが用意されています。
画像:低速回転における観測領域
詳しくは以下をご覧ください。

2011年10月4日 更新
AMSR-Eの観測停止について

JAXAが開発した改良型高性能マイクロ波放射計AMSR-Eは、2002年に打ち上げられたアメリカの地球観測衛星Aquaに搭載され、設計寿命3年のところを9年を超えて運用されてきました。2011年8月末以降にアンテナの回転摩擦の持続的増大が確認され監視を続けていましたが、2011年10月4日15時58分頃(日本時間)、定常観測に必要な回転速度(毎分40回転)を維持する限界に達したため、AMSR-Eは観測およびアンテナの回転を自動で停止しました。
AMSER-Eはこれまでに気象予測の精度向上や漁海況情報作成、水循環・気候変動分野で温暖化の影響把握に貢献するなどの成果をあげました。
今後JAXAは、今回の状況の解析を継続するとともに必要な対策を講じていきます。また、AMSR-Eの後継として、第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)を打ち上げる予定です。

2006年5月18日 更新
気象庁の全球数値予報モデルにおいてAMSR-Eデータの利用が始まる

2006年5月15日より「AQUA」に搭載された日本のセンサー「AMSR-E」のデータを含む、複数の衛星(センサ)のマイクロ波放射計データが、気象庁の全球数値予報モデルに利用されることになりました。
AMSR-Eのデータはすでに、日本周辺の細かいスケールの天気現象の予測に使われる「メソモデル」に2004年11月17日から利用されており、集中豪雨等の予報精度の向上に貢献しています。

今回のマイクロ波放射計による観測データには、従来観測が不十分であった大気下層における水蒸気量の情報が含まれています。このデータを全球数値予報モデルの客観解析(*1)に利用することで、台風進路の予報精度向上が確認されました。

  *1「客観解析」の解説(気象庁ホームページ)
  http://www.kishou.go.jp/know/whitep/1-3-1.html


図1:2004年台風第11号から18号の予報時間に対する中心予報誤差(気象庁提供)


グラフは予報時間ごとの台風の進路予報を示したものです。赤線はマイクロ波データ「あり」、青線は「なし」で予報をしたもので、ほぼ全予報時間で赤線が青線の下にあることから、マイクロ波データを利用した台風進路の予報精度は、これを利用しない場合に比べて向上していることがわかります。青丸は精度検証に用いたサンプル数(右タテ軸)を表しています。


図2:マイクロ波放射計データ分布の例(気象庁提供)

緑:Aqua衛星、青:TRMM衛星(熱帯降雨観測衛星)、赤:DMSP13号、橙:DMSP14号、紫:DMSP15号(米国の軍事気象衛星)


図は今回の解析に使われた5つの衛星(センサ)の観測データを示したものです。この図からAMSR-Eのデータ(緑色)は、他の衛星・センサのカバーしていない海域を担当し、世界中の海を満遍なく覆うために欠かせないものであることが分かります。
AQUA衛星は5月4日に打ち上げ後満4年を迎えました。AMSR-Eは現在も順調に運用中です。

    2004年11月25日 更新
    天気予報業務でのAMSR-Eデータ利用始まる

    平成16年11月17日から、気象庁の天気予報業務でのAMSR-Eデータ利用が開始されました。近年の天気予報では、コンピュータ上で大気の動きを再現し、将来の予測を行う数値天気予報が一般的になっています。数値天気予報の正確さは、初めに与える観測情報の量や質と、数値モデルの精度に大きく依存します。衛星観測は、データを取得することが難しい広大な海洋上などでも均質な情報を定期的に得ることができるため、数値天気予報の入力情報として重要となっています。

    今回は、AMSR-Eデータから推定される水蒸気量と降水強度が数値天気予報に入力されるようになりました。これによって、より正確な海上の水蒸気分布が入力されるようになり、予測精度が改善されます。下図は、平成16年7月福井豪雨における予測改善例を示しています。


    平成16年7月18日3時(日本時間)を初めの状態として、6時間後、9時間後の予報結果を示したもの。AとBはそれぞれAMSR-Eデータなし・ありの場合の予報結果、Cは実際の雨量を示します。AMSR-Eの利用によって、福井における予想降水強度(矢印部分)が実際の雨量により近くなり、予報が改善されていることが分かります。また、AMSR-E無しの場合に山口県沖(楕円部分)に見られた広い偽の降水域も低減されています。解析・予報結果および・図は気象庁の提供によるものです。

    AMSR-Eデータを数値天気予報の初期値として使うためには、データを速やかに気象庁へ伝送する必要があります。このようなニーズを満たすため、地球観測センターではAMSR-Eデータを直接受信し、データ処理・提供を行っています

      2004年5月11日 更新
      打ち上げから2周年、順調に観測を継続中です

      改良型高性能マイクロ波放射計「AMSR-E」を搭載したNASAの地球観測衛星「AQUA」は、2004年5月4日で打上げから2周年を迎えました。 AMSR-Eは現在も順調に観測を続け、全球の物理量データ(図参照)を生み出しています。この2年の間には、21世紀初めてのエルニーニョの様子 (*1)や、2003年夏季に起こったヨーロッパの熱波(*2)などの世界的な現象を捉え、また2004年3月には土壌水分量などを含む8種類全てのプロダクトの公開(*3)を開始しました。これらのプロダクトは地球観測センターのウェブサイト(*4)から入手することができます。 2年が経過したとはいえ、気候変動などの継続的な監視はまだまだ緒に就いたばかりであり、観測の継続とともに次世代の観測計画の検討もすすめ、今後の気候モニタリングに貢献していきます。また、この冬には「オホーツク海の流氷速報ページ」を立ち上げるなど、身近な地域の気象現象を毎日継続的にお知らせしてきました。今後は台風到来の季節に合わせ、速報ページを立ち上げるべく準備中です。

      *1 21世紀初めてのエルニーニョの様子
      *2 2003年夏季に起こったヨーロッパの熱波
      *3 土壌水分量などを含む8種類全てのプロダクトの公開
      *4 地球観測センター

        2004年1月7日 更新
        オホーツク海の流氷速報ページを開設!MSR-Eが捉えた「海氷密接度」を毎日更新していきます

        2004年1月6日のオホーツク海の海氷密接度  地球観測利用推進センター(EORC)では、主に「AMSR-E」のデータを用いてのオホーツク海の流氷速報ページを開設しました。旧NASDAが開発した高性能マイクロ波放射計「AMSR-E」は、NASAの「Aqua」衛星に搭載されて2002年5月に打ち上げられ、現在も順調に観測を続けています。
         オホーツク海の一部はすでに11月ごろから凍り始め、例年ならば3月中旬までにオホーツク海の80%あまりが氷に覆われます。また、流氷の動きは意外と速く、毎秒50cmに達することもあります。
         「AMSR-E」はマイクロ波観測の特徴を生かし、天候(雲や弱い雪)の影響をあまり受けずに、流氷の分布を捉えることができます。流氷速報のページでは、AMSR-Eから継続的に送られてくるデータを処理し、流氷分布画像の更新を毎日行っていく予定です。
         なお「海氷密接度」とは、ある場所が海氷に覆われている面積を割合(0~100%)で表したもので、図では赤い部分ほど「海氷密接度」が100%に近いことを示しています。
         北海道沿岸への流氷の到来は例年ならば1月の中旬です。流氷速報のページをご覧にいただければ「流氷観光」に出かけるタイミングを決めることができるかもしれません。

        画像:2004年1月6日のオホーツク海の海氷密接度

          2003年9月22日 更新
          AMSR-E「物理量プロダクト」の公開が始まりました

          AMSER-E輝度温度(2003年夏季にヨーロッパを襲った熱波) NASAの衛星「Aqua」に搭載されている改良型高性能マイクロ波放射計「AMSR-E」は、地球規模での「水」の観測のためにNASDAが開発したセンサです。打上げから1年4か月を経た現在も順調に観測を続けています。今年6月の「輝度温度プロダクト」の公開に続き、9月19日から「物理量プロダクト」の公開を開始しました。国内外の利用・研究機関や一般のユーザーに提供されるのは「海面水温」「海上風速」「積算水蒸気量」「降水強度」「海氷密接度」の5種類の物理量で、複数の観測周波数帯で得られた輝度温度を組み合わせて、ユーザーがより扱い易い形に加工した「高次プロダクト」となっています。これらのデータは、地球規模の水・エネルギー循環の理解に役立てられます。

          画像:AMSER-E輝度温度(2003年夏季にヨーロッパを襲った熱波)

            2003年1月10日 更新
            AMSR-Eの「Level3全球ブラウズ画像」を公開

            AQUA搭載のAMSR-Eの観測データ  地球上の水に関する物理量などの観測を行なうためNASDAが新規に開発したマイクロ波放射計「AMSR-E」は、NASAの地球観測衛星「Aqua」に搭載され、順調に観測を続けています。
             EORCでは、AMSR-Eで取得された地球物理量全球分布データ(Level3)のブラウズ画像(概略が把握できる間引き画像)のページを開設し、海面水温、水蒸気量、海氷密接度の画像公開を開始しました。
             この画像は日々更新しつつ蓄積していく予定で、地球の水環境の時間的・空間的な変動の全体像を見ることができます。なお現状は限られた物理量画像ですが、今後は順次、項目を増やしていきます。また観測データの校正・検証の進捗に応じ、提供するデータの精度向上も進めていきます。

            写真:AQUA搭載のAMSR-Eの観測データ[1月9日午後11時30分頃

              2002年9月18日 更新

              AMSR-Eのデータ処理設備 2002年5月4日に、打ち上げられたEOS-PM1(Aqua)搭載AMSR-Eは、軌道上にて発生した異常事象の原因究明の結果、今後の運用には問題の無い事を確認しました。さらに、AMSR-Eの軌道上での初期機能確認を完了し、軌道上での定常的な運用に移行しました。今後は、観測データの校正・検証作業、地上データ処理設備の機能・性能確認、観測データから物理量を推定する処理プログラムの開発等を行います。観測データの公開は打上げ1年後の2003年5月を予定しています。
              写真:AMSR-Eのデータ処理設備

                2002年5月4日 更新

                AQUA打上げ AMSR-E(アムサー・イー)を搭載した、NASAの地球観測衛星「Aqua(アクア)」は、 日本時間5月4日午後6時54分58秒に米国バンデンバーグ射場よりデルタIIロケットで打ち上げられました。

                  2002年4月30日 更新

                  改良型高性能マイクロ波放射計 センサユニット 1999年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、2000年1月より現地で実施してきた衛星作業が完了しました。
                  3月にはバンデンバーグ発射場で衛星総合試験、第5回衛星インターフェース試験、ノンフライトアイテムの取り外しを実施しました。
                  4月には衛星の燃料充填、ロケットへの搭載、最終確認試験、フェアリング取付け、カウントダウン作業を行い、EOS-PM1(Aqua)は5月4日午前2時55分(日本時間同日午後6時55分)に打上げられます。
                  写真:改良型高性能マイクロ波放射計 センサユニット

                    2002年3月1日 更新

                    輸送前にトレーラーに搭載された衛星(手前の金色の部分がAMSR-E) 1999年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、2000年1月より現地で実施してきた衛星作業が完了しました。
                    2月には第4回衛星インターフェース試験を実施しました。又、25日に衛星をバンデンバーグ発射場(カリフォルニア州)へ輸送しました。
                    3月には発射場で輸送後の衛星総合試験、第5回衛星インターフェース試験、ノンフライトアイテムの取り外し、ロケットへの搭載などを実施します。
                    尚、NASAはEOS-PM1(Aqua)の打上げ日を、2002年4月18日と発表しました。
                    写真:輸送前にトレーラーに搭載された衛星(手前の金色の部分がAMSR-E)

                      2002年1月30日 更新

                      改良型高性能マイクロ波放射計 センサユニット 1999年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、2000年1月より現地で衛星作業を実施しています。
                      1月には衛星を射場に輸送する前のシステムレベル衛星総合試験と、打上げに備えたAMSR-Eの準備作業(アンテナの最終収納、MLI(太陽光線からフライトモデルを保護する金色のカバー)の最終装着、ノンフライトアイテム(一部)の取り外し)を実施しました。
                      2月には衛星インターフェース試験を実施した後、衛星をバンデンバーグ発射場(カリフォルニア州)へ輸送します。
                      尚、NASAはEOS-PM1(Aqua)の打上げ日を、2002年3月から2002年4月に延期しました。
                      写真:改良型高性能マイクロ波放射計 センサユニット

                        2001年12月26日 更新

                        衛星製造メーカTRW社より受領した感謝状 1999年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、2000年1月より現地で衛星作業を実施しています。
                        2001年11月にはAMSR-Eの回転試験とアンテナ展開試験を実施し、良好な結果が得られました。また、ミッション試験を実施しました。12月には第2回フォールトマネージメント試験を実施しました。2002年1月には衛星を射場に輸送する前のシステムレベル衛星総合試験を実施する計画です。
                        なおNASAは、EOS-PM1(Aqua)の打上げ日を、従来の2001年12月から2002年3月に延期しました。
                        写真:8月25日~10月10日に実施した熱真空試験におけるAMSR-Eチームの支援に対する、衛星製造メーカTRW社より受領した感謝状。

                          2001年12月10日 更新

                          1999年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、2000年1月より現地で衛星作業を実施しています。
                          今年8月から10月にかけて、熱真空試験を実施しました。AMSR-Eは良好に動作しました。11月にはミッション試験・衛星インターフェース試験等を実施する予定です。

                            2001年7月30日 更新

                            1999年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、2000年1月より現地で衛星作業を実施しています。2001年7月には、第2回システムレベル衛星総合試験を実施しました。8月から9月にかけて、熱真空試験を実施する予定です。

                              2001年6月13日 更新

                              1999年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、2000年1月より現地で衛星作業を実施しています。5月にはフォールトマネージメント試験(軌道上での不具合に対処する機能の確認)と第4回目の衛星インターフェース試験を実施しました。
                              なお、NASAはEOS-PM1(Aqua)の打上げ日を、2001年7月から2001年12月に延期しました。

                                2001年4月3日 更新

                                平成11年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月より現地で衛星作業を実施しています。3月には第3回目の衛星インターフェース試験を実施しました。

                                  2001年3月15日 更新

                                  平成11年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月より現地で衛星作業を実施しています。2月から3月にかけ、第1回目のシステムレベル衛星総合試験を実施しました。3月には第3回目の衛星インターフェース試験を行う予定です。

                                    2001年2月5日 更新


                                    平成11年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月より現地で衛星作業を実施しています。1月には、ロサンゼルスで試験中の衛星をNASAゴダードスペースフライトセンター(メリーランド州)からコントロールする衛星インターフェース試験を実施しました。その結果、AMSR-Eに関するインターフェース試験は良好に実施されました。2月には熱真空試験前の衛星総合試験(システムレベル)を実施する予定です。

                                      2001年1月15日 更新

                                      平成11年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月より現地で衛星作業を実施しています。12月には機械環境試験後の衛星総合試験を実施し、良好に終了しました。1月には熱真空試験前の衛星総合試験(システムレベル)を実施する予定です。

                                        2000年12月8日 更新


                                        平成11年12月にロサンゼルスでAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月より現地で衛星作業を実施しています。11月には機械環境試験(音響試験、振動試験、衝撃試験)を行い、良好に試験を終了しました。12月には機械環境試験後の衛星総合試験を実施する予定です。
                                        尚、NASAはEOS-PM1(EOS Aquaに改称)衛星の打上げ時期を、平成12年12月から平成13年7月に延期しました。
                                        写真:機械環境試験前の衛星

                                          2000年11月2日 更新


                                          EMC試験前のAMSR-E(アンテナを90度回転させた後) 平成11年12月にAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月より衛星作業を開始しました。9月から10月にかけてはEMC(電磁適合性)試験を行いました。この試験により、AMSR-Eの感度の高さを確認しました。11月には機械環境試験(音響試験、振動試験、衝撃試験)を行う予定です。

                                            2000年9月14日 更新


                                            人工衛星への取り付け後のAMSR-E 平成11年12月にAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月より衛星作業が開始されました。8月には一連の環境試験前の総合試験(第1回目)が行われました。9月には電磁適合性試験が行われる予定です。

                                              2000年6月3日 更新


                                              人工衛星への取り付け後のAMSR-E 平成11年12月にAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月より衛星作業が開始されました。6月にはAMSR-Eと人工衛星との電気的結合試験が行われました。7月には一連の環境試験前の総合試験(第1回目)が行われます。

                                                2000年4月14日 更新


                                                人工衛星への取り付け作業中のAMSR-E
                                                平成11年12月にAMSR-EをNASAに引き渡した後、平成12年1月よりNASAの人工衛星EOS Aqua(EOS-PM1から改名)の衛星インテグレーション及び試験が開始されました。1月にはAMSR-EのEOS Aquaへの取り付け作業が行われました。4月にはAMSR-Eと人工衛星との電気的結合が行われます。

                                                写真:NASAへ引き渡し前のAMSR-E

                                                  2000年1月14日 更新

                                                  AMSR-Eの開発の最終段階であるシステム試験は12月初めに終了しました。
                                                  12月中旬にAMSR-EをNASAの人工衛星EOS-PM1を製造している米国ロサンゼルスのTRW社へ輸送し、輸送後の確認試験を経て、NASAへ引き渡しました。これをもって、平成8年度より開始したAMSR-Eの開発は終了しました。
                                                  尚、AMSR-Eの米国輸送に先立ち、筑波宇宙センターにおいて、AMSR-Eを記者公開致しました。
                                                  平成12年1月からは、AMSR-EのEOS-PM1への取り付けを始めとする、衛星作業が始まります。

                                                    1999年12月10日 更新

                                                    現在AMSR-Eは、開発の最終段階であるシステム試験を筑波宇宙センターで実施中です。AMSR-Eはロケットへの搭載性を考慮し、アンテナを折り畳んだ状態で打上げ、軌道に投入された後にアンテナを展開します。そのため、アンテナを展開させる機構部は重要な役割を持っています。11月には振動試験後のアンテナ展開試験を実施し、展開機構部は正常に機能することが確認されました。尚、今回のアンテナ展開試験は熱真空試験、音響試験後の8月に実施した試験と同じ試験です。
                                                    写真:展開試験中のAMSR-E(於筑波宇宙センター)

                                                      1999年11月12日 更新

                                                      現在AMSR-Eは、開発の最終段階であるシステム試験を筑波宇宙センター、並びに供試体メーカで実施中です。10月にはAMSR-Eが打上げ時に発生する振動に曝さらされても、ダメージを受けないことを確認する振動試験を実施し、ダメージがないことが確認されました。
                                                      写真:振動試験試験中のAMSR-E(於供試体メーカ)

                                                        1999年10月8日 更新

                                                        現在AMSR-Eは、開発の最終段階であるシステム試験を筑波宇宙センターで実施中です。AMSR-Eはロケットへの搭載性を考慮し、アンテナを折り畳んだ状態で打上げ、軌道に投入された後にアンテナを展開します。そのため、アンテナを展開させる機構部は重要な役割を持っています。熱真空試験、音響試験後のアンテナ展開試験の結果、展開機構部は正常に機能することが確認されました。
                                                        写真:アンテナ展開試験中のAMSR-E(於筑波宇宙センター)

                                                          1999年9月10日 更新

                                                          現在AMSR-Eは、開発の最終段階であるシステム試験を筑波宇宙センターで実施中です。7月にはAMSR-Eが打上げ時に発生する音響振動に曝さらされても、ダメージを受けないことを確認する音響試験を実施し、ダメージがないことが確認されました。
                                                          写真の説明:筑波宇宙センター音響試験設備内のAMSR-E

                                                            1999年7月26日 更新

                                                            現在AMSR-Eは、開発の最終段階であるシステム試験を筑波宇宙センターで実施中です。6月には厳しい宇宙環境下でもAMSR-Eが機能することを確認する熱真空試験を実施し、良好な結果が得られました。今月から8月にかけて、打上げ時の環境に耐えられることを確認する機械環境試験を行います。

                                                              PAGE TOP