ページの先頭です

鹿児島県肝属郡 内之浦宇宙空間観測所

内之浦宇宙空間観測所では、科学観測ロケットおよび科学衛星の打ち上げならびにそれらの追跡やデータ取得などの業務を行っています。
この観測所は、1962(昭和37)年東京大学生産技術研究所の付属施設として、それまで秋田県岩城町(現・由利本荘市)の道川海岸にあった施設を廃止し、新たに鹿児島県内之浦町(現・肝付町)に設置されました。その後東京大学宇宙航空研究所の設立により1964年その付属施設に、1981年には文部省宇宙科学研究所(ISAS)付属の独立研究施設・鹿児島宇宙空間観測所(KSC)になりました。そして宇宙航空研究開発機構(JAXA)への統合に伴い、内之浦宇宙空間観測所と改称しています。
内之浦宇宙空間観測所からは、1970(昭和45)年、わが国初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げて以来、主に宇宙科学研究を目的とした多くの天文観測衛星や惑星探査機が打ち上げられています。また、中層大気や宇宙プラズマなどの研究のために、S-310ロケットやS-520ロケットなどの観測ロケットの打ち上げも行われており、こうした多方面からの宇宙科学研究を通じ、人類の生活に多大な貢献をしています。
その他、衛星からの電波を受信する直径20メートルと34メートルのアンテナで地球周回軌道に打ち上げられる科学衛星を追跡運用します。34メートルアンテナの方は臼田宇宙空間観測所の64メートル深宇宙用アンテナのバックアップも行えるようになっています。

所在地

〒893-1402 鹿児島県肝属郡肝付町南方1791-13

電話

050-3362-3111

主要施設

13mΦミューロケット発射設備 

ミューロケットの発射設備には、組立室、発射装置、管制室などがあります。打ち上げの際はこの管制室から遠隔操作します。

20メートルアンテナ・34メートルアンテナ 

内之浦宇宙空間観測所の一番高い台地に設置され、科学衛星からの電波(SバンドおよびXバンド)を追跡受信するアンテナです。

KSセンター 

S-520、S-310、MT-135型観測ロケットの発射台地です。日本初の人工衛星「おおすみ」も1970年にここから打ち上げられました。

PAGE TOP