ページの先頭です

地上と宇宙を結ぶ輸送システム イプシロンロケット

運用中

トピックス

一覧
2016年12月20日 更新

イプシロンロケット2号機打ち上げ成功!ジオスペース探査衛星の愛称は「あらせ」

イプシロンロケット2号機打ち上げ成功!ジオスペース探査衛星の愛称は「あらせ」

12月20日(火)20時00分00秒、内之浦宇宙空間観測所からジオスペース探査衛星(ERG)を搭載したイプシロンロケット2号機が打ち上げられました。イプシロンロケット2号機は正常に飛行し、打ち上げから約13分27秒後に予定の軌道でERG衛星を分離、打ち上げは無事成功しました。
ERG衛星は正常に太陽電池パドルを展開。JAXAはジオスペース探査衛星(ERG)の愛称を「あらせ」と決定しました。「あらせ」は約2ヶ月間の初期運用の後、宇宙嵐はどのように発達するのかなど、地球周辺の宇宙空間の放射線帯の謎の解明に挑みます。

特設サイトでは、イプシロンロケット2号機の打ち上げ写真を募集しています。フォームよりぜひお送り下さい。お待ちしております!

イプシロンロケットとは

ロケットの打ち上げを日常的なものに

イプシロンロケットはロケットの打ち上げが日常的になり、宇宙がもっと身近に感じられる時代の実現を目指した固体ロケットです。組立・点検などの運用を効率化することにより、運用コストの低減を実現し、コンパクトな打ち上げシステムを構築しました。2013年9月14日に内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたイプシロンロケット試験機は惑星分光観測衛星「ひさき」を正常に分離し、打ち上げに成功しました。JAXAでは、将来の小型衛星の需要拡大および多様化に対応していくために、イプシロンロケットをさらに進化させるための改良開発に取り組んでいます。

試験機からその先へ

試験機ではH-IIAやM-Vからの技術を継承することで短期間・低コストでロケット機体の開発を行いました。ロケットの打ち上げシステムは機体・設備・運用からなっていますが、試験機では自動点検などを導入し、地上設備のコンパクト化と運用性の革新を果たすことができました。試験機の打ち上げを成功させた後に、機体の性能の最適化を図るために更なる改良開発(強化型開発)に取り組んでいます。

イプシロンロケットの改良にむけた取り組み

強化型開発の大きな目的は「打ち上げ能力の向上(試験機に比べて30%向上)」と「搭載可能な衛星サイズの拡大」です。試験機ではフェアリングの中に覆われていた2段モータを大型化してフェアリングの外に出すことによって推進薬量を約1.4倍に増加させることが可能となり、また、フェアリング内部に衛星と3段のみを格納することで、より大きな衛星が搭載できるようになりました。さらにロケット構造や電子機器の軽量化を図っています。

さらにその先へ

(1)超小型衛星への対応
今後の発展が予想される超小型衛星の打ち上げ需要への対応にも着手しています。
(2)H3 とのシナジー開発
2020年度の試験機打ち上げ予定のH3ロケットと共通に開発を行うことで、相乗効果(シナジー)を発揮することを目指しています。

イプシロンロケットの特徴

構成

イプシロンロケットの主要諸元表と打ち上げ能力をご紹介します。

イプシロン諸元等

 
試験機 強化型
全長(m) 24 26
質量(t) 91 95.4
衛星包絡域(m) 約4.7 約5.4
直径(m) 2.6

イプシロンロケット打ち上げ能力

試験機 強化型
代表的軌道 基本形態 オプション形態 基本形態 オプション形態
太陽同期軌道(SSO) 450kg以上 590kg以上
長楕円 365kg以上

打ち上げ実績

ロケットを支える人たち

プロジェクトマネージャー 森田 泰弘

ペンシルロケットから続く日本の固体燃料ロケット技術は、M-Vロケットという集大成を作り上げた。その後継機として開発が始まり、2013年に試験機の打ち上げに成功したイプシロンロケット。開発プロジェクトを率いてきたJAXAの森田泰弘イプシロンロケットプロジェクトマネージャに、プロジェクトマネージャ(プロマネ)の仕事やロケットの未来像などについて、詳しく聞いた。

PAGE TOP