ページの先頭です

H3ロケット トピックス

トピックス一覧

2018年4月24日 更新
H3ロケット用の発射管制棟が完成

H3ロケット用の発射管制棟が完成

種子島宇宙センターでは、H3ロケットの打ち上げに向けて、施設や設備の開発が始まっています。その一環として、今年の3月に「竹崎発射管制棟」(略称LCC)の建屋が完成しました。発射管制棟とは、ロケット打上げまでの作業に対する指揮・作業を遠隔操作で行う建屋です。H-IIAロケットの発射管制棟は射点近くの吉信地区にありますが、H3ロケットでは射点から約3km離れた竹崎地区に移しました。

H3の竹崎発射管制棟(LCC)は、全体指揮を司る竹崎総合指令棟(RCC)と隣接させて連携を取りやすくすること、発射管制を行う人員をH-IIAロケットに比べ1/3~1/4に減らすことを目指しました。これにより、管制室はとてもコンパクトになり、また、建設にあたっては、射点の眺望を阻害しないことも考慮しました。
竹崎発射管制棟(LCC)では、今後、発射管制装置や通話・放送等共通設備の設置が行われ、2020年度に種子島宇宙センターで行われるH3ロケットの総合試験や試験機打上げに使用されます。

2018年4月5日 更新
H3ロケット電気系システム試験(その1)の様子

H3ロケット電気系システム試験(その1)の様子

ロケットには姿勢制御を行うためのセンサや計算機、地上との通信機器など多くの電気系機器が搭載されます。
H3ロケットではこれらの搭載機器について、コスト低減のための自動車用電子部品の適用や、信頼性向上のための冗長化、運用性向上のための機体内ネットワーク化などの新たな技術を取り入れて開発を進めています。
2018年2月から、これらの搭載機器の主要な機能をMHI飛島工場に集めて電気系システム試験(その1)を開始しました。この試験では、開発中の各搭載機器がネットワークや電源の基本仕様を満たしていることを確認しています。
今後は、今回の試験結果を反映して試験用の機器を試作し、電気系システム試験(その2)を実施予定です。

2018年1月29日 更新
H3ロケット詳細設計結果について

H3ロケット詳細設計結果について

2017年12月にH3ロケットの総合システム詳細設計審査が行われ、総合システムとして詳細設計を完了し、製作・試験フェーズへの移行が可能であると判断されました。総合システムは、ロケット本体、種子島でのロケットの組立・打ち上げに用いる設備、飛行中のデータを受信する国内・海外の追跡管制局などの集合体です。
詳細設計審査の中では、変化を続ける世界中の人工衛星やロケットの動向を見極めながら、H3ロケットが国際競争力の高いロケットとして設計できたか?また、今後の試験でその設計をどのように確認するか?確認した結果をいかにフィードバックするか?残された課題は何か?など、プロジェクトの目標達成に向かって熱心な議論が重ねられました。
これからは、引き続きLE-9エンジンの燃焼試験やSRB-3の燃焼試験など大規模な試験を進めながら、試験機の製造を順次開始します。たくさんの要素の開発の中には、清々と進むものもあれば技術の壁を乗り越えながら進むものもあります。2020年度の打ち上げを目指し、これらの要素を統合し、慎重にひとつのシステムに仕上げて行きます。2014年度から始まった開発は5合目を過ぎ、まさに佳境に入ってきました。JAXAと関連企業で一体となって、高い山の頂を目指したいと考えています。

2017年12月28日 更新
H3ロケットアンテナパターン試験の様子

H3ロケットアンテナパターン試験の様子

ロケットを打ち上げる際、重要な要素のひとつが「地上との通信を確保すること」です。
H3ロケットには地上とロケットとの通信をつなぐ重要な役割を果たすアンテナが数多く搭載されており、それらを通じて地上の管制官が飛行状況や安全性の確認を行います。
通信を成立させるために重要なのが、どの方向の電波がつながりやすいかを表す「アンテナパターン」と呼ばれる通信性能です。
アンテナパターンはロケットの管制や飛行経路設計において、とても大切なパラメータとなっています。

H3プロジェクトでは2017年7月~12月の間、筑波宇宙センター電波試験設備にてH3ロケット搭載予定の各種アンテナの性能試験を実施しました。
試験では実際の飛行状態を模擬するため、約10mのロケットのモデルにアンテナを搭載しました。
試験は順調に完了し、アンテナは設計通りの性能を満たすことが確認されました。
この結果は今後ロケットとの通信回線設計、飛行経路設計に順次反映されていきます。

2017年11月22日 更新
LE-9試験用エンジン記者公開

LE-9試験用エンジン記者公開

2017年11月14日、種子島宇宙センターにおいてLE-9試験用エンジンの記者公開を行いました。当日はあいにくの雨模様でしたが、全国より多くのマスメディアの皆様にご参加いただき、燃焼試験場に取り付けられたLE-9エンジンや計測制御室をご覧いただきました。
LE-9エンジンは、H3ロケットの1段エンジンとして新しく開発している液体ロケットエンジンです。2017年4~7月におこなわれた1基目の試験用エンジン(実機型#1)を用いた燃焼試験では、起動/停止シーケンスの確認や各コンポーネントの性能データを取得することに重点を置きながら試験を進めました。今回公開されたLE-9エンジンは2基目の試験用エンジン(実機型#2)で、現在、実機型#1エンジンの試験結果を反映しつつ、燃焼試験に向けた準備を進めています。


2017年10月12日 更新
H3 音響サブスケール試験 “HARE” の様子

H3 音響サブスケール試験 “HARE” の様子

ロケットの打ち上げ時には大型旅客機のエンジン100基分のエネルギーに相当する極めて大きな音が発生します。この音はロケットに搭載されている人工衛星やロケット本体にも影響を与えます。そのためH3ロケットでは、世界最高レベルに音響低減した環境を提供することを目指しています。その一環として、2017年4月~9月に能代ロケット実験場(秋田県)において、音響サブスケール試験(H3 scaled Acoustic Reduction Experiments: HARE)を実施しました。
これまでのロケット開発では、打ち上げ時にどれぐらいの音響が生じているかを調べるため、簡易な試験や数値解析により、音響低減のための地上設備(注水装置や遮音板など)を設置して対策をしてきました。H3ロケットでは、今回、ロケット機体と打ち上げ設備を1/42スケールで模擬した試験を実施し、打ち上げ時に発生する音響の強さや音響低減のための設備をより良いものにするために必要なデータ、さらに、固体モータ着火時に発生する急激な圧力上昇に関するデータを取得しました。
今後、これらの試験データのほか、数値解析、H-IIA、H-IIBロケット打ち上げの機会を活用した実環境データなどを用いて、打ち上げ時の音響発生・低減のメカニズムの解明を図り、H3ロケットの機体、地上設備の設計に反映していく予定です。



2017年9月4日 更新
H3ロケット立体パネルの前で記念撮影してみませんか!?

H3ロケット立体パネルの前で記念撮影してみませんか!?

今月、JAXAの施設では、各地で特別公開を実施しています。
9月30日(日)には、筑波宇宙センターの特別公開日があります。
筑波宇宙センターの特別公開日当日は、総合開発推進棟(C-1)1階にH3ロケット立体パネルを設置する予定です。
角度を調整して撮影すれば、飛び出すH3ロケットと一緒に宇宙遊泳する写真が撮影できるかも!?
ぜひ、パネルを探して記念撮影してください。当日はH3ロケットのミニ講演の他、水ロケット工作や打ち上げ、H-IIロケットツアーなどにおいても、H3プロジェクトのメンバーが皆様をお待ちしています。お近くの方は遊びに来てくださいね。



2017年8月8日 更新
LE-9エンジン用ターボポンプ単体試験の様子

LE-9エンジン用ターボポンプ単体試験の様子

JAXA角田宇宙センターでは、LE-9エンジンに使われるターボポンプの単体試験が行われています。ターボポンプはエンジンに燃料(液体水素)と酸化剤(液体酸素)を供給する重要な構成品です。液体水素ターボポンプでは、1秒間に約750リットル(ドラム缶約4個分)もの液体水素をエンジンの燃焼室に送り込みます。ターボポンプの単体試験では、エンジンに組み込まれた状態を模擬してターボポンプの機能・性能を確認しています。試験に用いた液体水素は、バーンポンドと呼ばれる未燃の水素を処理する装置を用いて燃焼させて、安全に処理しますが、その火柱は約50mにも達します。『「使いやすい」ロケットを目指して~LE-9ターボポンプ単体試験~』では、この液体水素ターボポンプ単体試験の現場の様子を交えて開発の概要を映像で紹介しています。



2017年6月30日 更新
H3ロケット用第2段エンジンLE-5B-3の開発状況

H3ロケット用第2段エンジンLE-5B-3の開発状況

LE-5B-3エンジンは、H3ロケットの第2段エンジンとして開発が進められている液体ロケットエンジンで、H-IIA/H-IIBロケットの第2段に用いられているLE-5B-2エンジンの改良型です。十分な実績と高い信頼性を持つLE-5B-2エンジンに対し、H3ロケットの大型化に伴い、より低燃費で、より長時間の作動が可能となるよう改良を加えています。
2016年8月までに改良設計を終え、2016年12月~2017年1月にかけて、燃料の液体水素をエンジンの燃焼室に送り込む液体水素ターボポンプ(人間で言えば心臓の役割を担う)の試験に成功しました。
2017年3月にはこの液体水素ターボポンプを搭載した認定型(その1)エンジンが完成し、同月より燃焼試験を開始しています。試験は順調に進んでおり2017年9月までに改良した設計が適切であることを確認する予定です。



2017年6月15日 更新
H3ロケット用固体ロケットブースタSRB-3の開発状況

H3ロケット用固体ロケットブースタSRB-3の開発状況

SRB-3はH3ロケット用の固体ロケットブースタとして開発が進められている固体燃料を使った補助ロケットです。2本または4本のSRB-3を装着することで、H3ロケットの打ち上げ能力は段階的に引き上げられ、特徴の1つである柔軟性(High flexibility)の実現に貢献しています。開発では、H-IIA/H-IIBで使用されているSRB-Aで培った技術を活用しつつ、結合方式などを簡素化し、低コスト化を追求しています。モータのサイズはSRB-Aとほぼ同じで、将来はイプシロンロケットの第1段にも適用される計画です。
これまでの設計検討の結果を受けて、2017年4月からは実機大のモータケースを使用した強度試験を開始しました。今後、地上燃焼試験や分離試験など各種試験を実施する予定です。



2017年4月28日 更新
H3ロケットCG映像公開

H3ロケットCG映像公開

2020年度の打ち上げに向けて開発が進められている「H3ロケット」のCG映像が公開されました。
雲を突き抜けて宇宙へ上昇していくシーンから始まるこのCGでは、現在開発中のH3ロケットのイメージを約1分で紹介しています。
開発が佳境に入るなか、新しいロケットの完成に向けて、ぜひH3ロケットを一緒に応援してください。



2017年3月31日 更新
H3ロケット用LE-9エンジン完成、種子島での燃焼試験へ

H3ロケット用LE-9エンジン完成、種子島での燃焼試験へ

試験用のLE-9エンジンが完成しました。エンジンは2017年3月31日に宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センターにおいて、液体ロケット試験場のスタンドに設置され、燃焼試験の準備作業が行われています。
LE-9エンジンは、これまでのエンジン開発で得られた知見、数値シミュレーション、各種要素試験などで高い信頼性を保つための設計手法を導入することにより、開発に伴うリスクを低減しつつ開発を進めています。JAXAは開発を担当している三菱重工業株式会社及び株式会社IHIと協力して、引き続き慎重に開発を進めていきます。
エンジン燃焼試験の計画は、決まり次第以下のホームページに掲載します。



2017年2月22日 更新
H3ロケット用LE-9エンジンのターボポンプ単体試験(その1)の結果について

H3ロケット用LE-9エンジンのターボポンプ単体試験(その1)の結果について

2016年12月27日付でお知らせしましたH3ロケット用LE-9エンジンのターボポンプ単体試験(その1)を実施しましたので、結果をお知らせします。
本試験は、LE-9エンジン用ターボポンプの機能・性能等に関するデータの取得を目的としており、2017年2月20日までに行われた一連の試験において所期のデータを取得しました。今後得られたデータを詳細に評価するとともに、一部分解を伴う点検を行い、損傷など異常がないことを確認します。
その後、本ターボポンプをエンジンに組み込み、宇宙航空研究開発機構 種子島宇宙センターにおいてLE-9実機型エンジン燃焼試験(その1)を実施する予定です。

2016年7月20日 更新
記者説明会を実施しました

記者説明会を実施しました

2016年7月20日(水)、基本設計を終えて詳細設計を実施中のH3ロケットについてJAXA東京事務所にて記者説明会を実施し、その目指す姿やシステム概要、基本設計結果などに関して説明しました。
説明会にはH3プロジェクトチームプロジェクトマネージャ岡田匡史、サブマネージャ有田誠が登壇しました。
説明会の模様は、インターネット録画配信にてご覧いただけます。

2016年7月7日 更新
H3ロケット開発のロゴマーク

H3ロケット開発のロゴマーク

H3ロケット開発のロゴマークを作成しました。H3ロケットの開発担当者が心をひとつにしてゴールを目指すために作成したシンボルマークです。
「これからの日本の宇宙開発を支えるH3ロケットが力強く宇宙に向かってゆく姿」をシンプルに表現するため、幾何学的なラインで構成しています。オレンジはH3のイメージカラーです。その両脇の白は、固体ロケットブースタと噴煙を表しています。

PAGE TOP