ページの先頭です

人工衛星による宇宙利用 全球降水観測計画/二周波降水レーダ「GPM/DPR」

後期運用中

全球降水観測計画/二周波降水レーダ「GPM/DPR」とは

21世紀は「水の世紀」と言われています。水は地球環境を特徴づける重要な要素であり、私達の生活や経済活動を左右します。
今、私達は世界各地で水不足、洪水等、多くの水の問題に直面しています。
更に温暖化や気候の変化により地球上の水の循環が影響を受け、大雨や旱魃等の異常気象が増えることが予想されます。
これらの問題を解決するために必要なことは、淡水資源の源である降雨を正確に把握し、異常気象への予測や対策の技術を向上させることです。
このような中、全球降水観測計画/二周波降水レーダ「GPM/DPR」は、社会生活にも直結する降水の高精度・高頻度観測を目的として2014年2月28日に打ち上げられ、気象庁による衛星搭載降水レーダデータの利用の実現や、中緯度も含めた世界中の降水の鉛直構造の違いを明らかにするなど数々の成果を挙げ、2017年10月26日に後期運用へと移行しました。

トピックス

一覧
2019年12月6日 更新

フィリピンに被害をもたらした台風Kammuriの発達した"雨雲の塔"

JAXAでは、全球降水観測(GPM)計画の下、GPM主衛星に搭載された二周波降水レーダ(DPR)と、複数の衛星を組み合わせて作成した衛星全球降水マップ(GSMaP)により、宇宙から世界の雨を観測しています。今回は、2019年12月にフィリピンに被害をもたらした台風Kammuri(カンムリ)の衛星降水観測事例を報告します。フィリピンのマニラ観測所(Manila Observatory)では、台風Kammuriに関するレポートを公開しており、JAXAのGSMaPデータも情報源の一つとして役立てられています(図1)。

図1. Manila Observatoryによるレポートの抜粋
©JAXA/EORC

熱帯の降雨量の観測について

日本は、NASAと共同の熱帯降雨観測衛星「TRMM」で、熱帯の降雨量の観測を行ってきました。
全球降水観測計画(GPM)では観測範囲を高緯度まで広げ、より高精度、高頻度の観測を目指します。

GPM計画について

GPM計画は二周波降水レーダー(DPR:Dual-frequency Precipitation Radar)とマイクロ波放射計を搭載した主衛星と、マイクロ波放射計を搭載した副衛星群とからなるスケールの大きな観測計画です。
日本(JAXA)とアメリカ(NASA)が中心となり、米国海洋大気庁(NOAA)、フランス、インド、中国等との国際協力により実現します。
JAXAは、主衛星の打ち上げと、情報通信研究機構(NICT)と協力して主衛星に搭載されるDPRの開発を担当しました。主衛星の本体および主衛星に搭載されるマイクロ波放射計はNASAが開発を担当。
マイクロ波放射計を搭載する副衛星群については、NASA、NOAA、フランス、インド、中国等の機関が開発を担当します。これら、複数機の副衛星群により、約3時間毎の全球降水観測が可能になります。

PAGE TOP